現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コラム
  5. 柏木友紀 おしゃれチャットBox
  6. 記事

ラクして美しく!? ハイテク機器でおしゃれ力アップ

2010年6月17日11時31分

写真:ランコムの電動マスカラ。ふたの部分に小型モーターが入っている。拡大ランコムの電動マスカラ。ふたの部分に小型モーターが入っている。

写真:パナソニックのナイトスチーマー。枕元に置いてスイッチオン。翌朝の肌が楽しみ?拡大パナソニックのナイトスチーマー。枕元に置いてスイッチオン。翌朝の肌が楽しみ?

 今年もうっとうしい梅雨に入った。少しでも気分を晴らそうと先日、新しいレインブーツで出かけた。かれんなチューリップ柄が描かれた透けるグレーの細身タイプ。見た目は評判もよいのだが、これが重い! 足にオモリを付けて歩いているがごとく、出社するまでがまるでエクササイズ。そう嘆いていると、同僚が言い放った。「おしゃれはガマンですから!」。さようですね……。

 もっと美しく、より魅力的に――。世の女性はあらゆる方法を駆使してこの永遠のテーマを追い続けているが、そうは言っても、これはなかなかに厳しい道でもある。日々の忍耐や努力、鍛錬の積み重ねがものをいう……というのは、楽しく幸せな気分になるための「おしゃれ」と、どうにも矛盾しているように個人的には思えるのだが。

 でも、そんな「ラクをして、美しくなりたい」という不まじめなファッション願望は、潜在的には高かったようで、特に日々のたゆまぬケアが試される美容において、近年はこうした商品が続々登場、人気を集めている。ハイテク電気機器が、これらを可能にしているのだ。

 値段も性能もこなれてきて、自分もそろそろ…と思っているのは、イオンスチーマー。細かいミストやイオンが噴き出されて肌に浸透していき、ただ浴びているだけで美しくなれるというスグレモノらしい。卓上据え置き型で両手がフリーにできるため、テレビを見ながら、オフィスで仕事をしながらだけでなく、なんと夜寝ながらも「ながら美容」が出来るのがウリ。

 先行するパナソニックでは、「毎日会社から帰って寝るだけなの〜」といった忙しい女性のライフスタイルに着目。「ながらビューティー」と題して関連商品を次々発表している。08年11月に発売した「寝ながら」肌や髪のケアができるナイトスチーマーは、1年半で累計35万台売れる大ヒット商品となった。

 テレビやパソコンに向かいながらも食事やら何やらで既に手いっぱいの人(自分?)にも、確かに寝ている時間はまだ残されていた! しかもこれならスイッチを押すだけ、ラクちん。(もっとも、子供と抱き合って寝ている場合はどうすれば?)

 また、ハイテク美容機器といえば忘れてならないのが電動マスカラ。さすがに「指先を動かすのが面倒」とまでは言わないが、均等にダマにならず、まつ毛が扇形に広がるようにマスカラを塗るのは結構な技術を要する。この出来次第で朝の5分10分すぐに違ってくる。

 電動歯磨きには見向きもしなかった私だが、「面倒くさがりな人にほど向いています」との店員さんのふれこみに、これには飛びついた。ミクロの振動で1本1本にムラなく液がつき、結果「驚くほど印象的な目元に」というよりも、常にアベレージは確保できるという感じ。何より、あの小さな本体にモーターが入っているというおもちゃ感覚が楽しい。

 一昨年末から先行発売したランコムでは予約が殺到、販売開始直後は30秒に1本の割合で売れたほか、昨年8月に電動マスカラ下地も発売して以降は、売り上げたマスカラの半分以上が電動になったという。このほか、エスティローダーなど複数社から販売されている。

 プルプルでみずみずしい赤ちゃんのような肌。長くボリュームがあり、くるんと上向きのつややかなまつ毛……。美容は追求し始めれば底なし沼状態だが、「ガマン」や「手間」を必要とせず、現状より好転できるように、という傾向が重視されてきたのは好ましい限り。ハイテク機器ではないが、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーまでがひとつで済むという韓国発の「BBクリーム」のブームも、これらの傾向を物語っている。

 折しも、化粧品業界では秋冬をにらみ、新商品発表会が相次いでいる。バイオ技術などを駆使した高額なクリームの重ね塗りなども魅力的だが、一方で「ラク」を可能にするアイデア商品に心ひかれてしまうのである。

プロフィール

柏木友紀(かしわぎ・ゆき)

asahi.comファッション&スタイルページのエディター。

朝日新聞社入社から10ウン年、社会部、アエラ編集部、文化部を経て、09年10月より現職。メディアとファッションなどを主に担当してきた。

3度の食事と4歳になる息子、の次ぐらいにファッションは気にかかるが、生来の面倒くさがりのため、ラクして美しくなれる方法はないものかと思案中。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介