現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. 日比谷花壇・デザイナーズコレクション

コラム「デザイナーズ・コレクション」by 日比谷花壇

日比谷花壇のトップデザイナーが創りあげる洗練されたアレンジメント。特別な想いを形にする、気持ちを伝える花の贈り物を御紹介します。

バックナンバー

デザイナー 福井崇史(TAKASHI FUKUI)

写真

ホテル装花、ゲストハウスウェディングフラワーを手がけ、現在はギフト商品の企画開発で活躍。

単に美しいだけではなく、見る者の心に響き思わず笑顔がこぼれるような作品創りがポリシー。特別な想いを吹き込んだ花々には、見た目の美しさを超えた感動がある。

デザイナー 西澤真実子(MAMIKO NISHIZAWA)

写真

日比谷花壇にてギフト商品の部門で商品デザインのコアを担い、トップデザイナーのひとりに数えられている。

シンプルかつ花材の繊細な色合いにこだわったデザインを得意とし、女性的で透明感のある作風が特長。独特のロマンティックな演出が、多くのファンを魅了してやまない。また最近では、書籍の表紙デザインやCDジャケットのフラワーデザインを手掛けるなど、多岐にわたる分野で活動を続けている。

デザイナー 石井千花(CHIKA ISHII)

写真

ヒビヤフラワーアカデミーでフラワーデザインを学び、卒業後、日比谷花壇に入社。店頭での接客販売で経験を重ね、現在はエイチケイ プラス モードの商品企画を担当。

学生時代をデンマークで過ごし、その自然や文化に大きな影響を受ける。そこで磨かれた感性が、素材を活かしたシンプルなデザインスタイルを確立させ、数多くの印象的なデザインを生み出してきた。

デザイナー 筧 久美子(KUMIKO KAKEHI)

写真

日比谷花壇在職中に英国に留学、フラワーデザインを学ぶ。帰国後、ポップで愛らしい、カジュアルなデザインが魅力の「ベリーメリー」ブランドでの商品企画を担当。

繊細な色合いを生かした彼女のやさしいデザインワークが、数多くの心和ませるプロダクトをかたちづくってきた。また、シンプルかつやわらかい中間色を駆使した作品づくりとともに、アースカラーを用いたシックなコーディネートにも積極的に取り組んでいる。お伽噺をモチーフにした創作は、見る者を幻想的な世界へといざなってくれる。

デザイナー 来本 曜世(TERUYO KURUMOTO)

写真

ドイツ留学時代、師と仰いだペーター・アスマン氏の「我々の仕事は、自然界に存在するものをより美しいものへと変えることだ」という言葉に感銘を受け、独自の来本デザインを希求。帰国後、日比谷花壇に入社。ホテルでのウエディングやパーティ装花を経験した後、ハウスウェディングの監修を担当するなど、ブライダルの分野において、その抜群のセンスを発揮してきた。

その創造性は高く評価され、ミュージシャンのライブイベントにゲスト出演しフラワーパフォーマンスを行うなど、マルチな活躍を続けている。

ロゴ

季節に合った「旬」なお花を御紹介しています。
お誕生日をむかえるあの人に、ぴったりのお花をセレクト!大切な記念日、お祝いのお花選びに
別ウインドウで開きますhibiyakadan.com on asahi.com shopping

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介