現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. 話題
  5. 記事

VOGUE「最も輝いた女性」に仲間由紀恵さんら

2009年10月26日19時52分

写真:受賞者のみなさん拡大受賞者のみなさん

写真:ウーマン・オブ・ザ・イヤーに輝いた仲間由紀恵さん(右)と蒼井優さん(中央)。左はウーマン・オブ・ザ・ディケードの冨永愛さん拡大ウーマン・オブ・ザ・イヤーに輝いた仲間由紀恵さん(右)と蒼井優さん(中央)。左はウーマン・オブ・ザ・ディケードの冨永愛さん

 ファッション誌「VOGUE(ヴォーグ) NIPPON」が、今年最も活躍した女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に女優の仲間由紀恵さんら4人が選ばれ、26日、都内で授賞式があった。

フォトギャラリー

 仲間さんは、花をモチーフにしたパフスリーブが印象的なフューシャピンクのイブニングドレスで登場。「今日のためのドレスです。ヴォーグは、日本の女性の憧れがいっぱい詰まった雑誌。ふだん発色のいい色を着ることは少ないんですが、ヴォーグに選んでいただいたので、今日は特別なドレスにしました」と話した。

 ほかに選ばれたのは、女優の蒼井優さんと上戸彩さん、劇作家で演出家の本谷有希子さん。

 女性として輝く秘訣を聞かれた上戸さんは「いつも『食っちゃ寝』の生活なので、少し焦ってジムに行って運動したりして、緊張感を忘れないようにしています」。最近、お休みをもらえるようになったといい、「自分らしさを探していきたい。趣味や特技が何ひとつないので、じっくり探したい」と話した。

 また、今回はこの10年間輝き続けている女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・ディケード」も発表され、女優の大竹しのぶさんと宮沢りえさん、前衛芸術家のオノ・ヨーコさんと草間彌生さん、プロテニスプレーヤーの杉山愛さん、モデルの冨永愛さんの6人が受賞した。

 同誌は世界的な影響力を持つファッション誌「VOGUE」の日本版として99年に創刊。05年からウーマン・オブ・ザ・イヤーを発表している。今年の受賞者は、27日発売の10周年記念号で、篠山紀信さん撮りおろしのポートレートやインタビューが掲載される。

 (アサヒ・コム編集部) 

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内