現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. 話題
  5. 記事

鳩の形に平和への願い込め パロマ・ピカソ

2010年3月23日14時17分

写真:パロマ・ピカソ 1949年パリ生まれ。80年からティファニーで作品を発表=鈴木好之撮影拡大パロマ・ピカソ 1949年パリ生まれ。80年からティファニーで作品を発表=鈴木好之撮影

 ティファニーのジュエリーデザインを手がけて30周年を記念した新作発表に合わせて来日した。

    ◇

 この30年、ティファニーとは前向きで建設的な関係を築いてきました。彼らは敬意を持って創作の自由を与えてくれます。私のスタイルで製作に打ち込める現場があり、作品は私の名前を冠して、ニューヨーク本店を始めとした素晴らしい店に並べられるのです。

 新作の「ダブ」コレクションは私の名前がモチーフです。スペイン語で鳩(はと)を意味する「パロマ」という美しい響きは、父パブロから授かった最高の贈り物です。鳩は平和の象徴であり、世界の誰もが求めるその願いを込めて作りました。

 芸術家は自分が判事なのだ。両親はいつもそう言っていました。自分の世界を持ち、自分にプレッシャーをかけて最善の努力を投じ、すべて自分で判断しなければならないということ。そうやってデザインした作品を身につけてもらうことで、世界中の女性と思いを共有できれば、とてもうれしい。

 欧州で生まれ育った私の個性と、米国のティファニーの伝統が融合して、今後も新しく興味深い作品が生まれるでしょう。でもそれが何かは、まだ分からない。だからこそ人生は面白いのです。(菅野俊秀)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内