現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. 話題
  5. 記事

ウブロCEO ブレずに「フュージョン」

2011年5月27日10時49分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ジャンクロード・ビバー 1949年ルクセンブルク生まれ。08年、LVMHグループ傘下になった後もブランドの指揮を執る拡大ジャンクロード・ビバー 1949年ルクセンブルク生まれ。08年、LVMHグループ傘下になった後もブランドの指揮を執る

 ラグジュアリーとスポーティーという要素を併せ持つデザインで、新しい市場を開拓してきたスイスの時計ブランド、ウブロ。船の「舷窓(フランス語でウブロ)」がその名の由来だ。04年の最高経営責任者(CEO)就任後、「フュージョン」というコンセプトでブランドを引っ張る。

    ◇

 来月2日、銀座に新しいブティックがオープンします。世界に知られたステータスある場所。パリ、ニューヨークと同じコンセプトの店になります。

 日本には、論理や理念に基づいて行動する方々が多い。新しい物が入ってきたからといって、すぐに飛びつくことはしない。ウブロはこれまで、忍耐強くコンスタントに日本市場での努力を続けてきました。その積み重ねが出店に結びついたと考えています。

 日本と同様に重視するのは、やはり香港も含めた中国市場です。今やスイス時計の輸出の40%が、この地域向け。今後ますます大きくなる。ただ、競争が激しい上、中国人は自分が知らないブランドには見向きもしない傾向が強いですね。

 もともとニッチな富裕層市場を狙ってきたのがウブロ。国や地域が変わっても、市場へのアプローチは変わりません。「過去と未来のフュージョン(融合)」というコンセプトも、ブレることなく続けていくつもりです。(竹端直樹)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介