GRAN TEATRO LA FENICE大和証券グループPRESENTS フェニーチェ歌劇場 日本公演2005
公演・チケット案内演目・出演者フェニーチェ歌劇場復活最新トピックス

大和証券グループプレゼンツ フェニーチェ歌劇場日本公演2005

[大津公演] 詳細
5/7・8 びわ湖ホール
[東京公演] 詳細
5/12・14・18・20 Bunkamuraオーチャードホール
5/13・15 東京文化会館大ホール

「愛・地球博」開催記念 フェニーチェ歌劇場名古屋公演2005

[名古屋公演] 詳細
5/19 愛知県芸術劇場大ホール

演目

椿姫  ジュゼッペ・ヴェルディ作曲
アッティラ ジュゼッペ・ヴェルディ作曲
真珠とり ジョルジュ・ビゼー作曲
※原語上演・日本語字幕付き
フェニーチェ写真

進化するオペラ。名門歌劇場の復活公演が来日

 水の都ヴェネツィアのフェニーチェ歌劇場が4年ぶりに来日する。火災から8年、再建工事を終えて2004年11月、新劇場こけら落としで本格的な活動を再開。「フェニーチェ(不死鳥)」の名のごとく復活を果たし、その力強い翼で今年5月、日本に上陸する。
 2001年の初来日では、豪華なステージで伝統を感じさせた「椿姫」、ファッショナブルなビジュアルで観客の度肝を抜いた「シモン・ボッカネグラ」の2演目すべての公演が完売という人気ぶりを見せつけた。
 今回は、世界が注目する演出家ロバート・カーセンが新劇場オープンのために新たに挑む「椿姫」、前回の日本公演で多くのファンの心をつかんだ歌姫ディミトラ・テオドッシュウが壮大なヴェネツィア誕生物語を歌う「アッティラ」、イタリアで大活躍の新星テノール中島康晴によるビゼーの美しい旋律が聞き逃せない「真珠とり」の3演目。
 伝統を重んずるとともに、保守的な価値観だけにとどまることなく芸術家として飽くなき追求を続けるフェニーチェ。イタリアオペラ界の「今」を知ることができる「フェニーチェ歌劇場日本公演2005」に、どうぞご期待下さい。
asahicomトップへ
朝日新聞のイベント情報 GoUpToThisPage
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission