フェニーチェ2005年5月大津・東京公演

演目・出演者

ヴェネツィアの名門歌劇場がついに復活!
この刹那、オペラは進化する。

指揮◎マウリツィオ・ベニーニ(椿姫、アッティラ)
ギヨーム・トゥルニエール(真珠とり)
合唱指揮◎エマヌエラ・ディ・ピエトロ
フェニーチェ歌劇場管弦楽団・合唱団

椿姫へアッティアラへ真珠とりへ

椿姫 ポスター

「椿姫」の歴史が変わる!ヨーロッパ・オペラ界を揺るがすカーセンの新演出。

原作
アレクサンドル・デュマ・フィス
台本
フランチェスコ・マリア・ピアーヴェ
作曲
ジュゼッペ・ヴェルディ
初演
1853年3月6日 フェニーチェ座
演出
ロバート・カーセン
ヴィオレッタ
パトリツィア・チョーフィ(ソプラノ)
アルフレード
ロベルト・サッカ(テノール)
ジェルモン
アンドリュー・シュレーダー(バリトン)

椿姫 La Traviata
椿姫 Giuseppe Verdi

初演劇場が威信をかけて臨む21世紀のトラヴィアータ。
復活公演に抜擢された歌姫チョーフィに注目!

 ヴェルディの作品の中でも最もよく知られた演目の一つ。イタリア・オペラの真骨頂とも言える。フェニーチェ歌劇場で初演された「椿姫」はこの歌劇場にとって記念すべき演目であり、今回は再建された劇場の柿落としに選ばれた。演出は、いま最も 注目を浴び、片時も目が離せない演出家カーセンが担当。文学作品に深い造詣を持 ち、オペラのみならず演劇でも国際的に活躍する彼はダイナミックな展開と奥深い心 理描写で欧米各国にて絶賛されている。今回どんな「椿姫」を見せてくれるのか、現 地でも期待が高まっている。
 悲劇のヒロインを演ずるのはシエナ出身のチョーフィ。細身の身体、シャープな美 貌に絹のような滑らかな美声を持ち合わせた歌姫である。日本ではこれがデビューと なる。

STORY

ヴィオレッタのいちずな 愛が胸を打つ、純愛悲恋のオペラ
パリの高級娼婦ヴィオレッタは美貌の力で放縦な生活を意のままにしているが、純粋 な青年アルフレードに恋を打ち明けられ、真実の愛に目覚める。二人は郊外で質素な 生活を始めるが、アルフレードの父ジェルモンがヴィオレッタの前に現れ、息子と別 れてくれと頼む。悩み苦しんだ末、彼女は彼のためにと考え家を出る。事情を知らず 裏切られたと思ったアルフレードは、心変わりを装うヴィオレッタに逆上、札束を投 げつける。終幕、胸を病み、床に臥すヴィオレッタの元に真実を知ったアルフレード が慌ててやってくる。二人はようやく愛を確かめ合うが、喜びもつかの間、彼女は彼 の腕の中で生き絶える。

ロバート・カーセン パトリツィア・チョーフィ ロベルト・サッカ アンドリュー・シュレーダー  
Robert Carsen
ロバート・カーセン

演出
Patrizia Ciofi 
パトリツィア・チョーフィ

ヴィオレッタ(S)
Roberto Sacca 
ロベルト・サッカ 

アルフレード(T)
Andrew Schroeder 
アンドリュー・シュレーダー

ジェルモン(Br)
 
 
アッティラ 写真 アッティラ 写真

ヴェネツィア誕生にまつわる絢爛たる歴史絵巻をディーバ、テオドッシュウが歌い上げる!

原作
ヴェルナー「アッティラ フン族の王」(1808)
台本
テミストークレ・ソレーラ
作曲
ジュゼッペ・ヴェルディ
初演
1846年3月17日 フェニーチェ座
演出・装置・衣裳
ワルター・レ・モーリ監修、 ヴェネツィア建築大学大学院デザイン芸術学科
アッティラ
ジョルジョ・スーリアン(バス)
オダベッラ
ディミトラ・テオドッシュウ(ソプラノ)
エツィオ
パオロ・ガヴァネッリ(バリトン)
フォレスト
カルーディ・カルードフ(テノール)

アッティラ Attila
アッティラ Giuseppe Verdi

失われた旧劇場へのオマージュと、再生への誓い。

 舞台は452年のイタリア・ヴェネツィア。水の都誕生にまつわる壮大な歴史物語が幕を開ける。前回の公演で初来日し、「マリア・カラスの再来」と絶賛されて以来、 日本でも圧倒的な人気を博しているプリマ、テオドッシュウがドラマティックなヒロイン、オダベッラを熱演する。
 舞台装置には焼失したフェニーチェ歌劇場の外壁や緞帳を再現し、この歌劇場へのオマージュと伝統を感じさせる舞台となっている。

STORY

ヴェネツィア誕生にまつわる歴史絵巻
フン族の王アッティラはヴェネツィア近郊のアクイレイアに入城する。領主の娘オダベッラは男達とともに戦っていたが、捕虜となりアッティラの前に差し出される。 アッティラはオダベッラの勇気をたたえ、彼女の所望した剣を渡す。彼女は密かに復讐を誓う。アッティラはローマの将軍エツィオの講和を拒否して軍を進めようとする。 オダベッラの恋人フォレストはアドリア海の干潟に逃れ、ここに新しい町を作ろうと決意する。これが後のヴェネツィアとなる。一方、アッティラにうまく取り入ったオ ダベッラには王妃の冠が与えられる。終幕、森の中、集まってきたフォレスト、エツィオ、オダベッラ。オダベッラを追ってきたアッティラを、三人はとり囲む。オダベ ッラはアッティラを一瞬のすきをついて刺す。すべて彼女の計算だった。ローマ軍が「復讐は成就した」と歌い上げる。

ワルター・レ・モーリ ジョルジョ・スーリアン ディミトラ・テオドッシュウ パオロ・ガヴァネッリ カルーディ・カルードフ
Walter Le Moli
ワルター・レ・モーリ

演出・装置・衣裳 監修
Giorgio Surian
ジョルジョ・スーリアン

アッティラ(B)
Dimitra Theodossiou 
ディミトラ・テオドッシュウ

オダベッラ(S)
Paolo Gavanelli
パオロ・ガヴァネッリ

エツィオ(Br)
Kaludi Kaludow
カルーディ・カルードフ

フォレスト(T)
 
真珠とり 写真 真珠とり 写真

洗練の極み、
色彩の戯れ――。
大御所ピッツィの美学がここにある。

台本
ミッシェル・カレ/ウージェーム・コルモン
作曲
ジョルジュ・ビゼー
初演
1863年9月30日 テアトル・リリック(パリ)
演出
ピエル・ルイージ・ピッツィ
レイラ
アニーク・マッシス(ソプラノ)
ナディール
中島康晴(テノール)
ズルガ
ルカ・グラッシ(バリトン)
ヌラバッド
ルイージ・デ・ドナート(バス)

真珠とり LesPecheurs de Perles
真珠とり Georges Bizet

エキゾティックな恋の物語とビゼーの美しい旋律がきらめく宝石箱! 希少なフランス・オペラの本格上演

 ビゼーが弱冠25歳で書き上げた3幕のオペラ。セイロン島(スリランカ)を舞台に命をかけて海に入る真珠取りたちの恋と宿命が美しいメロディによって展開する。
 ナディールを演ずる中島康晴は、ミラノ・スカラ座研修所出身、リッカルド・ムーティの秘蔵っ子と呼ばれるヨーロッパ・オペラ界の期待の新星。日本では今回が本格的なオペラデビュー。ファンのみならず注目したいステージである。

STORY

セイロン島を舞台に、宿命に翻弄される
恋人達を描いた哀しくも美しい物語

セイロン島の海辺の村。頭領のズルガと漁夫ナディールは幼馴染だが、巫女レイラを巡ってライバルである。レイラは真珠とりのために祈る巫女として生涯処女を守る誓いを立てるが、ナディールの求愛に屈してしまう。二人はその償いとして死刑を命じられる。死に臨んで、母親に渡してくれと首飾りを差し出すレイラ。その首飾りはかつてズルガが命の恩人に渡したものだった。ズルガは翻意して、自ら村に火をつけ、混乱のうちに恋人達を逃がす。そしてひとり寂しく取り残されるのだった。

ピエル・ルイージ・ピッツィ アニーク・マッシス 中島康晴 ルカ・グラッシ ルイージ・デ・ドナート
Pier Luigi Pizzi
ピエル・ルイージ・ピッツィ

演出
Annick Massis
アニーク・マッシス

レイラ(S)
Yasuharu Nakajima
中島康晴

ナディール(T)
Luca Grassi
ルカ・グラッシ

ズルガ(Br)
Luigi De Donato
ルイージ・デ・ドナート

ヌラバッド(B)
asahicomトップへ
朝日新聞のイベント情報 GoUpToThisPage
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission
フェニーチェ歌劇場トップページへ