現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. オトコの別腹
  6. 記事

オトコの別腹

「大心堂雷おこし」の特選おこし 古代 春風亭一之輔さん(落語家)

2012年3月9日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:春風亭一之輔さん拡大春風亭一之輔さん

写真:「大心堂雷おこし」の特選おこし 古代(手前が白砂糖、奥は黒砂糖)拡大「大心堂雷おこし」の特選おこし 古代(手前が白砂糖、奥は黒砂糖)

 4年ほど前、近くの喫茶店の主人から、お年賀のお返しに頂いたのがきっかけです。雷おこしと言うと、すごく甘くて、ねとーっと水あめがのびるイメージで苦手でした。でも酔っぱらって帰宅した夜、おなかがすいたので食べてみると……。

 サクーッとした歯ごたえで、味もバカに甘いってわけでもない。落花生の香ばしさもアクセント。「これうまいなあ。もう一つ食べよ。やっぱりうまい。じゃ、ビールでも」って、また家で飲んじゃった。

 以来、毎年1月に頂くのが楽しみになりましたね。白砂糖を使った雷おこしと黒砂糖のものと2種類ありますが、より甘さが控えめな白砂糖の方が好みです。

 落語家は、お世話になった方に、必ず手土産を持参して、ごあいさつに伺います。この春、真打ちに昇進しますので、みなさんにお持ちしたい一品ですね。

   ◇

◆東京都台東区台東4の28の2(電話03・3832・0005)。[前]8時半〜[後]6時。[日]休み。シルバー缶12枚入り1260円(白砂糖、黒砂糖の同数詰め合わせ)など。

   ◇

しゅんぷうてい・いちのすけ 落語家。21日[水]から鈴本演芸場を皮切りに真打ち昇進披露興行が始まる。

検索フォーム

おすすめリンク

サクサクの食感が人気。色とりどり、多彩な味わいを堪能

入手困難、売れ切れ必須商品です。贈り物、ご自宅用にいかがですか?

歴史からおいしさのヒミツまで、チョコレートへの理解を深めよう


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ