現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. まんぷく会のとっておき
  6. 記事

まんぷく会のとっておき

[大阪] すもうキッチン 佐賀昇(さがのぼり) 夏こそちゃんこと九州の逸品

2012年6月22日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:佐賀昇の名物「塩ちゃんこ」(3人前)拡大佐賀昇の名物「塩ちゃんこ」(3人前)

地図:  拡大  

 元幕内力士「佐賀昇」の林博(はやしひろし)さん(50)が営む。好きな料理で人との出会いを得ようと、引退した1996年にちゃんこ料理店を開業。2010年9月に現在地に移った。

 甘みとコクがある南米ボリビア産の天然塩と、鶏ガラ・カツオ節・昆布などから作るだし、出身地・佐賀のおばちゃん特製のゆずこしょうにこだわる。名物は「塩ちゃんこ」(1人前2300円)。鶏のひき肉に山芋、キクラゲなどを混ぜ合わせたつみれ、鹿児島産黒豚のバラ肉、季節の野菜など具は盛りだくさんだ。

 夏にぴったりの「カレーちゃんこ」「スタミナちゃんこ」(各2300円)もいい。「熊本産馬刺し」(2300円)、「佐賀牛の串焼き」(1800円)など一品料理も充実している。

 昼は「ちゃんこ定食」(700円)、「手作りハンバーグ定食」(700円)、「親子丼」(500円)が人気。林さんは「感謝の念と人の和を大切に、大阪に密着した店であり続けたい」と話す。

(大阪まんぷく会世話人・弁護士 大川哲次)

    ◇

すもうキッチン 佐賀昇(さがのぼり) 大阪市中央区西心斎橋2の4の6。営業は午前11時半〜午後2時(日、祝はなし)と午後5時〜同11時。火曜定休。カウンター5席とテーブル12席、座敷30席。相撲甚句が流れ、佐賀昇の化粧まわしや有名力士の手形が並んでいる。電話06・6211・5005。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

今年は品薄!? うなぎ料理おとりよせ(6/19)

7月27日は土用の丑の日。うなぎ稚魚の不漁で国産うなぎの品薄が懸念されるが、やっぱり夏にはうなぎが食べたい! という人のために、国産うなぎを使ったうなぎ料理のおとりよせをご紹介。定番の蒲焼きから、おやつ感覚で楽しめるものまで、どれも職人こだわりの逸品ばかり。うなぎならではの味わいを、余すところなく堪能しよう。

写真

うどんからラーメンまで、気になるカレーめん(6/12)

だんだんと蒸し暑い日が多くなり、早くも食欲が減退気味……。そんな人にオススメなのが、今回ご紹介するカレーめんだ。新感覚キーマカレーうどんや玄米粉を使ったカレーパスタ、北海道のご当地ラーメンなど、各地で話題の味をピックアップ。スパイスの効いたカレーとツルッとしたのど越しのめんで、夏バテ気分をスッキリ解消しよう!