現在位置:asahi.com>>コラム>「神の雫」作者のノムリエ日記> 記事

コラム「神の雫」作者のノムリエ日記

寝ているワインは起こさないで

2007年10月11日

 フィリップ・シャルロパン・パリゾはアンリ・ジャイエの弟子の一人で、モダンで洗練されたブルゴーニュワインを作る超人気生産者のひとりである。彼のワインは、芳醇(ほうじゅん)な果実の味わいと適度な濃厚さ、そしてエレガントさが身上で、我々のセラー部屋にも、パリゾのさまざまな畑のワインが並んでいる。

イラスト

(C)亜樹直 オキモト・シュウ/講談社「神の雫」第2巻(週刊モーニング連載中)

 そんなパリゾの「ジュヴレ・シャンベルタンV.V.」02年を、リリースされた直後の04年秋に飲んだ。偉大なヴィンテージらしく豊かな果実味にあふれ、優雅で蠱惑的なワインであった。あまりに印象が良かったので、去秋、来客があった折に「これを飲ませたら喜ぶだろう」と抜栓してみた(素晴らしいワインを人に飲ませて、ワインの魅力にはめるのは我々の最大の楽しみなのだ)。

 ところがこの時のパリゾ、3年前に飲んだものとはぜんぜん別物だった。果実味がほとんど感じられず、タンニンの後味が舌に残り、冷たく暗い印象で「いったいどうしちゃったの?」とワインに問いかけたくなるような寂しい味になっていた。古ゾーキンのような悪臭や舌にぴりっとくる刺激もないし、色も美しく澄んでいるので、劣化ではない。しかしなぜか「寂しい味」になっている……。これはもしやワインが寝ている状態なのでは、と思いついた。こういう場合は2度デキャンタしてムリヤリ目をこじ開ける方法もあるが、無理やり起こしたワインは、いまひとつ元気がない。眠っているワインは、結局そのまま寝かせておくのが一番なのだ。私はこのワインを起こすのをあきらめ、お客には別のワインを飲ませることにした。

 この件以来、私は02年ブルゴーニュをしばらく「封印」することに決めた。そして代わりに、飲み頃になっている90年代後半のブルゴーニュを気前よく開けた。97年あたりはちょうど10年の熟成で、いささか堅牢なジュヴレの一級畑も柔らかく、優しい味わいになっていた。いささかとがり気味だった99年のブルゴーニュも、タンニンが甘く変化していた。

 02年の封印を解いたのは、今年の夏のことだ。若いワインはおよそ1年〜1年半の周期で寝たり起きたりを繰り返すといわれているので、そろそろお目覚めの頃かな、と試しに飲んでみたのだ。抜栓したのは、比較的硬い造りのミュニュレ・ジブール「クロ・ド・ヴージョ」02年。恐る恐る飲んでみたら……。パッチリ目を開いて、にっこり笑っていた。

 偉大な02年ブルゴーニュがとうとう起きた。私は喜んで、山ほど買い込んでいた02年ブルゴーニュを次々と空けた。また来年には眠ってしまうだろうと思うと、ついつい景気よく栓を抜いてしまう。本当はもう少し熟成を待つべきなのだろうが……。

 さてそんな折、例によって弟と仕事中に、フレデリック・エスモナンの特級「シャンベルタン」01年を飲んだ。ナポレオンが愛したというこの特級畑、男性的な味が特徴のはずだが、なぜかパンチ不足で物足りない。

 「去年飲んだときはすごくおいしかったのに……。ひょっとしてこのワイン、寝たかな?」と弟。02年に替わって、こんどは01年が冬眠に入ったのだろうか。やれやれ、である。

 かくの如くワインとは、人生を変えるほど深遠で底知れない魅力を持っているが、人の気も知らず寝たり起きたり、やっかいでワガママな飲み物でもあるのだ。

■今回のコラムに登場したワイン

  • ジュヴレ・シャンベルタンV.V.02年
  • ミュニュレ・ジブール「クロ・ド・ヴージョ」02年
  • フレデリック・エスモナンの特級「シャンベルタン」01年

プロフィール

亜樹直(Agi Tadashi)
講談社週刊モーニングでワイン漫画『神の雫』を執筆。これは姉弟共通のペンネームで、2人でユニットを組んで原作を描いている。時に、亜樹直A(姉)、亜樹直B(弟)と名乗ることも。このコラムを担当するのは姉の亜樹直A。2人で飲んだワインや神の雫の取材秘話など、ワインにまつわるさまざまなこぼれ話を披露していく予定。

この記事の関連情報

このページのトップに戻る