現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. 「神の雫」作者のノムリエ日記
  6. 記事

ワインを飲みながら走る「メドックマラソン」

2009年10月5日

  • 筆者・亜樹 直

写真(C)亜樹直 オキモト・シュウ/講談社「神の雫」第21巻(週刊モーニング連載中)写真写真写真

 足かけ9日間のフランス・ボルドー出張から、先日やっと戻ってきた。まだ時差ボケがなんとなく体に残っている……。

 体力的な問題もあり、週刊誌で締め切り仕事をしているとヨーロッパへの出張はちょっと勇気がいるのだが、この度は弟が何を思ったか「9月のメドックマラソンで走る」といいだした。一緒に走るのはイヤだ。しかし同胞のよしみ、弟の雄姿くらいは観てやらなければならぬ。まぁ、シャトー取材もできるし……ということで、結局、私や編集者もボルドーまで付き合う運びとなったのであった。

 ご存じの方も多いだろうが、メドックとは、カベルネ・ソーヴィニヨンを主体とした重厚な赤ワインの産地。今年で25回目になるというメドックマラソンは、同地の有名シャトーおよそ20か所を巡る42.195キロのフルマラソンだ。ただし普通のマラソンと異なるのは、給水地点では水も一応出るが、中継地となるシャトーのワインおよびステーキ、チーズ、ハムなどがふるまわれ、原則的には“飲みながら走る”ということと、参加ランナーは基本、思い思いの「仮装」をして走るべし、ということである。普通のランニング姿で出場すると「エスプリのわからないヤボな奴」と見られるらしい。

 さて、マラソンの開催日は9月12日。ちょうど葡萄は収穫直前の時期で、乾いた晴天の日、輝くような実がすずなりになった葡萄畑の中をランナーは走る。コース上にトイレはないので、催した人は葡萄畑に肥料を与えるつもりで、出したいものを出すことになっているとか。それにしても総勢9千人近い参加者が、ド派手な仮装をしてスタート地点にそろった姿は壮観である。ライオンや豹など獣系、ピエロ系、インディアン風やベトナム風の扮装をした人々が、パレードのように練り歩く。ヤジ馬たちのフラッシュを浴びていたのは、クレオパトラ女王風や白いベールをつけた花嫁風(いずれも♂)だった。

 弟を含む日本陣営は作務衣姿、セーラー服姿、お祭りハッピ姿だ。最初に見た時は「こんな格好で走るの?」と思ったが、フランス人たちの本格的かつ極彩色仮装の中に入ると、日本陣営はまったく地味なのであった。スタート地点はジロンド川のほとりで、ゴールも同じ。9千人近くが一斉に走ると、ゴゴゴ……と地鳴りのような音がして、乾いた砂ぼこりが舞い上がる。ランナーは6時間半以内にゴールすれば、途中歩いていても完走とみなされ、特製メダルがもらえる。

 普段、走っていないどころか、歩いてさえもいない弟と、飲み友達のテレビ局勤務Sさんは、そろって10キロ地点でリタイアした。でも、走る前には「3キロが限界だな」といっていた弟が、10キロを走ったことに私はビックリした。きっと、ボルドーの乾いたさわやかな風が背中を押してくれたに違いない。

 もっとも、私の見たところ、大多数のランナーが完走していた様子だ。まぁ、完走してもリタイアしても、楽しめれば合格!なのである。そしてお開きの後は、ボルドーのあちこちでエンドレスのワイン宴会が始まる。

 平日の真っ昼間、大の大人が真剣に仮装をしてワインを飲みながら走り、終わった後も笑ってワインを飲み、夜は遅くまで花火を上げ、音楽をかき鳴らす。どこかの国のように「昼間から酒なんか飲んで」「夜なのにうるさい」などと言う者は、どこにもいない。

 このように自分も楽しみ他人を楽しませる精神が、ワインを楽しみ、人生を楽しむフランスのワイン文化につながっているのだろう。「飲んでいる人間の歓喜に匹敵するものはなにもない。飲まれたワインの喜びを除いては……」。ワインが大好きだったという詩人の名セリフを、ふと思い起こしたお祭りの夜だった。

プロフィール

亜樹直(あぎ・ただし)

講談社週刊モーニングでワイン漫画『神の雫』を執筆。これは姉弟共通のペンネームで、2人でユニットを組んで原作を描いている。時に、亜樹直A(姉)、亜樹直B(弟)と名乗ることも。このコラムを担当するのは姉の亜樹直A。2人で飲んだワインや神の雫の取材秘話など、ワインにまつわるさまざまなこぼれ話を披露していく予定。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • 我が家のお弁当じまん、投稿募集中!

フード・ドリンク

写真

人気のドライフルーツ(9/29)

ワインのつまみやちょっとしたおやつなどに、ドライフルーツはいかが? 自然の風味が味わえて栄養もあり、日持ちするから長く楽しめるというのもうれしい。マンゴーやリンゴなどの人気商品詰め合わせや、スナック感覚で食べられるココナツチップス、珍しいドライグリーンマンゴーなど5アイテムを紹介しよう。

写真

ゆったりコーヒータイム(9/22)

少しずつ秋が深まってきた今日このごろ。ちょっと肌寒さを感じる日には、一杯のホットコーヒーをじっくり楽しんでみては? 高品質なコーヒー豆のセットや、豆の自家焙煎(ばいせん)に便利な電動ロースター、手軽にいろいろな味を楽しめるドリップセットなど、コーヒータイムがより充実しそうな商品をピックアップ!