現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. 「神の雫」作者のノムリエ日記
  6. 記事

春が来たら、ワインクーラーを探そう

2010年3月2日

  • 筆者・亜樹 直

イラスト(C)亜樹直 オキモト・シュウ/講談社「神の雫」第2巻(週刊モーニング連載中)

 街ではもう梅の花が満開。4月の陽気といわれる日もあったりで、だんだんとコートがうっとうしくなってきた。

 現金なもので、気温が上がってくると白ワインやシャンパーニュなどを、きりっと冷やして飲みたくなる。ところが、春はまだ先と油断してワインを室内に出しっぱなしにしておくと、驚くほど温度が上がっていたりする。そういう時のために、一家に一台「ワインクーラー」があると、重宝だ。

 ワインクーラーという道具も、実はなかなか奥が深い。私は以前、千円くらいのアクリル製の桶式ワインクーラーを使っており、ワインの温度が高いと、中に氷を入れて冷やしていた。でもこのやり方は意外と冷えるのに時間がかかる。ビールなどでも、早く冷やそうと思ったら氷より冷水の方が手っとり早いそうだが、ワインの場合はラベルがはげてしまうので、冷水はやめた方がよい。

 そこで、急冷したい時は桶式ワインクーラーにアイスノンを二つ入れてワインを挟んで冷やしていた。これだと、実に早く冷えてくれる。しかし、お宝の高級シャンパーニュを飲む時など、アイスノンではさすがに見苦しい。そこで、効率よく冷やせるワインクーラーをいろいろとあさってみた。

 調べてみて驚いたが、ワインクーラーのバリエーションはとても多く、時代とともに進化を遂げていた。例えばアクリルの筒が入れ子のように二重になっている『ワイン・オン・アイス』という商品は、内側の筒にワインを、外側と内側のすき間に氷を入れて、急冷する仕組み。氷に直接瓶が触れることはないので、氷が解けてもボトルがぬれないのがうれしい。お値段は2千円台半ばといったところなので、まあまあお手頃だろう。

 瓶の注ぎ口に装着するタイプの、ハイテク・クーラーもある。『インスタント・アルコール・リフレッシャー』という商品で、長さ19.5センチの筒の中に保冷剤が詰められており、その中をステンレスの細い管がらせん状に通っている。冷凍庫にいれておくと、保冷剤によってステンレスの管もキンキンに冷える。その管を回りながら通っていくことで、温かいワインもグラスに注がれる頃にはしっかり冷えるわけだ。筒の根元には小さな空気孔がついており、この孔を手でふさぐとワインの流れが遅くなるため、一層低い温度に冷やせる。カナダ製で、お値段は約6千円と安くはないが、小さくて場所をとらないのがよい。ちなみにこの商品、海外でとても人気があり、発売から1年間で5万本以上を販売したという。

 さて、急冷を目的とするなかで、もっともお手軽で種類も多いのは、「アイスノン式クーラー」だ。アイスノン同様、樹脂の保冷剤が詰まったビニールの袋でワインを巻き付けたり、ボトルの首からスポッとかぶせて挟んだりする。機能はほぼ同じだが、デザインは凝ったものからシンプルで実用性重視のものまで、いろいろそろっている。私はその中から『スクリュープル・アイスクーラー・スリーブ』という首からかぶせるタイプの、金色と銀色を買うことにした。ちなみにお値段は1個2千数百円である。

 いやぁ、このクーラーの便利なこと。一度これを使い始めると、旧式な桶タイプはもう面倒で使う気がしない。20度まで上昇したワインも、ものの10分も挟めば、ひんやりとした飲み心地が楽しめる。そこそこオシャレだし、冷凍庫にポイッと入れておけばいつでも使えるし、白ワインやシャンパーニュ好きの人にはお薦めである。

 さらにいうなら……二日酔いで頭がガンガンする朝は、これを使って頭を冷やしてもよろしい。飲む時も、飲んだあとにも、便利なアイスノン式クーラーなのである。

■今回のコラムに登場したワイン関連商品

  • ワイン・オン・アイス

  • インスタント・アルコール・リフレッシャー

  • スクリュープル・アイスクーラー・スリーブ

プロフィール

亜樹直(あぎ・ただし)

講談社週刊モーニングでワイン漫画『神の雫』を執筆。これは姉弟共通のペンネームで、2人でユニットを組んで原作を描いている。時に、亜樹直A(姉)、亜樹直B(弟)と名乗ることも。このコラムを担当するのは姉の亜樹直A。2人で飲んだワインや神の雫の取材秘話など、ワインにまつわるさまざまなこぼれ話を披露していく予定。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。

フード・ドリンク

写真

人気のワッフルをお取り寄せで楽しむ贅沢なひととき(3/2)

しっとりとした舌触り、ふんわりとした口当たり、たっぷりのあんやクリームで楽しむ人気のワッフルをピックアップ。最近ではお取り寄せで楽しめる店舗も増え、バリエーションもますます豊富になっている。基本のカスタードはもちろん、チーズやチョコ、季節の果物を巻いたものなど、いろいろ試してお気に入りを見つけてみよう。

写真

ネットで人気の低カロリー食品(2/16)

最近ちょっと太ったかなと感じている人や、ダイエットを健康的にしようと決心した人におすすめなのが低カロリー食品。こんにゃくを主原料にした食品や脂肪燃焼系の激辛食品などを毎日の食事に取り入れてみよう。ちょっとお腹がすいた時のおやつや夜食にもおすすめ。