現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

ハンバーグが自慢の洋食屋 八丁堀「ビストロ サンタ」

2010年11月2日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:  

写真:  

写真:  

写真:  

中は柔らかくジューシー

 注文したのはメニューに一番人気とある「チートマハンバーグ」900円。その説明には、「ホワイトソースと、トマト、チーズをのせて焼いています。赤ワインソースとの相性もばっちり・・・」、と書いてある。うまそうだ。この説明書きは前にも見ているはずだが、忘れっぽいというのも時には有難いことで、読むたびにいつも新鮮だ。

 とろりとしたチーズがたっぷりかかった握りこぶしのようにゴロリとしたハンバーグ。箸でさくりと1口大に切りわけ、ソースを絡めてほおばれば思いがけずに柔らかくジューシー。なるほど、チーズ味と赤ワインのソースが、程よい味わいをかもしている。ご飯も新米だろう、悪くない。これで付け合せのスパゲッティが冷え切ったものでなければ難点は無いのだが・・・。

テーブル4卓の小さな店

 カラララン、ドアを開けると軽やかにドアの内側につるしてあるベルの音が迎えてくれる。昨今流行の熊よけではなく、カウベルだ。初めて訪ねたときはよく通る音色に一瞬たじろいだが、聞きなれてしまえば、「ああ、あの入り口にベルのある店」とセットで記憶に残るし、人にも説明しやすい。

 狭い店内はテーブルが4つあるだけ。本当にこじんまりした、家庭のキッチンの延長のような洋食屋だ。今回訪ねたのは1時を大きく回った頃。先客のサラリーマンと思しき男性は食後のコーヒーを飲みながら、ひどくのんびりと週刊誌を読んでいた。居間でくつろぎ、緩やかな時間の流れを楽しんでいるようだった。

息の合った夫婦

 ベースになる粗挽きハンバーグは150gで750円とリーズナブル。手ごろな価格の店の多い八丁堀界隈でも安いほうだ。ソースは赤ワイン、トマトジュース、粒マスタード、焼肉から注文のときに選べ、トッピングも半熟卵やベーコンなどと各種ある。店の外では弁当も販売している。「たくさんは作れないので」と、400円から600円のものを毎日20数個販売しているが、私は売切れの文字しか見たことが無い。

 店をやっているのは小宮さん(44)夫婦。実直そうな夫婦だ。夫は厨房、妻がフロアと弁当販売を担当し、手が空くと皿洗いを二人でと、まことによく動いている。店を持って10余年になるらしい。人が熱心にまじめに働く姿というのは見ていて清清しいものだ。

プルースト効果

 チーズのにおいに「ジョセフィーヌきょうは…」と、寝ぼけて叫んだナポレオンとはちょっと違うが、ふとした香りから忘れていた記憶がよみがえることがある。プルースト効果という。マルセル・プルーストが紅茶に浸したマドレーヌの香りに、失われた記憶を取り戻したことに由来する。誰でもが、日常のふとしたにおいに思いがけない記憶が鮮明によみがえることがある。

 先日、通りがかりに柚子の実が色づいているのを見かけた。近寄って鼻を近づける。寒風の夜空、バイトの家庭教師を終え学寮への帰り道、空腹だった。蕎麦屋でなけなしの小銭を数えて素うどんを頼む。志野もどきの丼を挟んだ両手に温かさが伝わる、と同時に一切れ落としてあった柚子の香りが立ちのぼった。柚子の香りに出会うたびに、素うどんとともに、期待と不安の中で過ごした貧しかった学生時代を思い出す。

【お店データ】

ビストロ サンタ

東京都中央区八丁堀1−5−1 〈地図〉 03−3551−0579

営業:〔平日〕午前11時〜午後3時30分、午後5時30分〜午後9時

  :〔土曜〕午前11時〜午後2時

日祝休み

<本日食したランチ>

チーズ トマト ハンバーグ 900円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。

フード・ドリンク

写真

寒くなったら、やっぱり鍋!(11/2)

長くて暑かった夏が終わったとたん、一気に冬がやってきた。冷えた体を温め、盛り上がる食欲を満たしてくれるのは、やっぱり鍋! 冬の味覚をたっぷり詰め込んだ鍋から、ユニークなエスニック鍋まで、今年もこだわり鍋が勢ぞろい。まずはどれから食べてみる?

写真

オフィスで食べられるお手軽スイーツ(10/26)

仕事の合間にほっとひと息、リフレッシュには欠かせない午後のコーヒータイム。お茶請けにスナック菓子もいいけれど、たまにはワンランク上のぜいたくスイーツはいかが? 今回は、手軽に食べられるお取り寄せスイーツをピックアップ。気の利いた差し入れとしても喜ばれそう。