現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

老舗のカレーは家庭的 日本橋「たいめいけん」

2010年12月14日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:      

写真:      

写真:      

写真:      

池波正太郎さんもひいき

 昭和6年(1931)創業の老舗洋食屋。池波正太郎さんなどもひいきにしていたとか。店に伝わるところによると、池波さんは人波が静かになる午後4時ころに来て、頼むのは酒2本とポークソテーかカツレツ(通称紙カツ)とコールスロー。ゆっくり食した後、最後にカレーを食べるのがいつものスタイルだったという。今の経営者、3代目の茂出木浩司さんはテレビなどの料理番組でもおなじみの有名料理人。

 頼んだのは池波さんにあやかってというわけではないが、安くて手早いカレーライス。合わせて名物のコールスローとボルシチ。これだけ頼めば普通は安くても千数百円といったところが相場だが、たいめいけんではしめて780円で済む。内訳はカレー680円、コールスローとボルシチが各50円。いまどき50円とは驚きだ。

昔ながらに小麦粉使用

 ここのカレーは昔ながらの作り方で、小麦粉を炒ったものから始まってバナナ、リンゴ、ニンジンなどがしっかり煮込まれている。見たところスープの中に豚肉が数切れ泳いでいるだけだが、食すとトロリとした粘りと粉っぽい感じを残している。深みのある味わいだが、インドカレーのような鋭い切れ味はない。

 昔、カレールーなどというものがない時代は(いや、あったかもしれないが、少なくとも昭和30年前後の私が育った田舎では普及していなかった)、小麦粉をきつね色になるまで炒り、小さな缶に入ったカレー粉を入れて作った。そんな家庭のカレーを思い出させる品だ。

客もメニューも多彩

 この店の面白いところは、洋食屋でありながらラーメン680円、チャーシューメン880円などというメニューもあること。隣席の年配のご婦人二人は、「一人でも入れるし、時間は制限がないしここはいいわね」などと雑談しながら、ゆっくりとラーメンを召し上がっていた。見渡せば客層は紳士淑女にサラリーマンやらOLやらと、バラエティーに富んでいる。

 60人前後は座れるのだろうか、広い店内を6〜7人いる従業員がきびきび動き回り、厨房でも大勢の料理人が休む間もない風情で立ち働いている。さまざまな客層と手際よく動く大勢の従業員、これらが相まって何とも言えない活気を醸し出している。池波さんが好んだという紙カツが1280円。総じて良心的な価格だが2階は高級洋食店。5階は凧の博物館。

妙案と愚策と

 人間の考えや行動は、ある時代ある環境の中では素晴らしく思えても、長い歴史の評価の中では色あせるばかりか、時に愚と思えることすらある。良かれと思ってしたことが多いので、一言で否定するのは気の毒だが、やはり愚は愚と思わざるを得ない。

 日本橋が架かる川のこと。久しぶりに橋を渡ってみたが、頭上の高速道が何とも無粋だ。東京五輪にせかされ、土地買収などの手間がいらないからと、川に手を付けたのだろう。このアイデアに思い至った人は知恵者と称賛され、「妙案」と手を打った人々がいたに違いない。しかし、今にして思えばどうか。どう見ても歴史の評価に耐えるアイデアとは思えない。

【お店データ】

たいめいけん

東京都中央区日本橋1−12−10 〈地図〉 03−3271−2465

営業:〔平日〕

1F午前11時〜午後9時、

2F午前11時〜午後3時(LO2時)、午後5時〜午後9時(LO8時)

日祝休み

<本日食したランチ>

カレーライス680円、コールスロー50円、ボルシチ50円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。

フード・ドリンク

写真

手軽に楽しめてホッとするあったかスープ(12/7)

厳しい北風に身体が冷えたら、温かいホットスープでひと休みしてみてはいかが? 今回は、定番コーンスープから、本格的な味わいのオニオンスープまで、ひと味違うこだわりのスープをセレクト。ストックしておけば、オフィスでのランチやティータイムを始め、夕食に1品足りないとき、ちょっと小腹がすいたときに大活躍してくれそう。

写真

お得な訳ありスイーツ(11/30)

人気の高級スイーツは、味もいいけどお値段も高くて…とお悩みの方に! 今回は、割れや崩れがあるため正規の販売ルートには出せない、規格外の「訳ありスイーツ」をご紹介。規格外と言っても味は同じだからとってもオトク。あこがれのあのスイーツも、これなら思う存分楽しめそうだ。数量限定品が多いので、お気に入りを見つけたら早めにゲットしよう!