現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

徳川慶喜の人生を思う 静岡「浮月楼・浮殿」

2011年2月8日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:      

写真:      

写真:      

写真:      

最後の将軍が隠棲した屋敷

 ひょんなことから静岡へ出向くこととなった。駅から数分のところ、ビル群に隠れるように堂々の門構えの料亭「浮月楼」がある。お気軽昼飯にはちとそぐわない風情だが、そこが徳川慶喜隠棲の屋敷だったと聞いては好奇心の虫は抑えられない。電話で聞けば付属するレストラン「浮殿」なら予約なしでもよいとか。いそいそと門をくぐった。

 頼んだのは一番リーズナブルな浮殿弁当、それでも税サ込みで2656円。10分、20分とゆっくり待つ。窓の外は慶喜も日々眺めたであろう、池が中心の手入れの行き届いた広々とした庭園。うらうらとした日差しと柔らかく暖かい室内に気分がくつろぐ。ぼんやり眺めた後、読みさしの文庫本を開く。

葵の紋と美味な懐石

 上に行くほど細くなる3段重ねの木製の器に料理が美しく入っている。収納するときすっぽり一つになるそうで、たけのこ弁当ともいうらしい。ご飯の椀のふたには葵の紋がはいっている。弁当とはいえ本格懐石料理のDNAを持つそれは、なかなかに繊細で美味。他との味の比較がしやすい卵焼きなど、甘さといい柔らかさといい、絶妙に仕上がっていた。価格を裏切らない弁当といえよう。

 浮殿のランチはこのほか、桟敷松花堂4389円、慶喜懐石5313円とある。いずれも何か記念の日、あるいは大事な人とのゆっくりした食事や接客、などに使われる場合が多いのだろう。見渡せばほとんどが家族、ご婦人同士、ダークスーツ姿の男性たちだった。ちなみに夕食は6006円から。料亭のほうのランチは平日ランチで6037円から。

人生、前半と後半の対比

 ところで、英明な将軍といわれた徳川慶喜は、大政奉還後の1868年(明治元年)、32歳で静岡に蟄居(ちっきょ)した。住まいは元の代官屋敷で、近くに鉄道が通りうるさいというので西方へ転居するまで21年間ここに住んだ。慶喜転居の後払い下げられ料亭となって現在に至っている。料亭内には慶喜の資料コーナーもある。社長の久保田さんによれば伊藤博文、井上馨、西園寺公望なども頻繁に料亭を利用したそうだ。

 一方慶喜は西方へ移り住んだあと明治30年、61歳の時に東京へ移った。将軍就任、大政奉還、大阪脱出と大層中身の濃い前半の人生だったが、32歳から約30年の後半生を静岡で目立たぬよう暮らしたことになる。東京転居のころには、討幕運動をした“敵方”の主だった人々はみな世を去っていた。

何もしなかった功績

 静岡隠棲の間、多くの女性との間に男10人女11人という子を持つ一方、鉄砲、自転車、写真と多彩な趣味に時を過ごした。しかし、旧幕臣や明治政府に不満を持つ武士などとは決して会わなかったという。自分がこうした武士たちに担がれたらどんな混乱を起こすか、自分の言動がどう政治的に利用されるか解り過ぎる程に解っていた。

 維新政府の足元が固まるまで、じっと30年間逼塞(ひっそく)していた彼は、ある意味では明治政府にとって最大の功労者の一人だったのかもしれない。大方の歴史上の人物は何事かをなして名を刻まれる。しかるに、何もしなかったことが功績として記憶に残る人物というのは珍しい。毀誉褒貶(きよほうへん)の激しさと共に、稀有な存在だ。

【お店データ】

浮月楼・浮殿

静岡市葵区紺屋町11−1 〈地図〉 054−252−0131

営業:〔平日〕午前11時30分〜午後3時、午後5時〜午後10時(日は午後9時)

月休み

<本日食したランチ>

浮殿弁当2300円、サービス料230円、税126円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

シチュー、ボルシチ…冬に楽しむアツアツ煮込みメニュー(2/8)

シチュー、ボルシチ、スープなど、寒い日に恋しくなる世界のアツアツ煮込みメニュー。でも家でつくるにはちょっとハードルが高いかも…。そこで今回は、人気の専門店が手がけた、こだわりの本格派スープ&シチューをご紹介。お取り寄せで楽しめば、まさに気分はレストラン!

写真

伝統の豊かな香りと、ほろ苦い味わい。人気の抹茶スイーツ(2/1)

その香り高さと深い味わいで、日本をはじめ世界の人をもトリコにしている抹茶。その抹茶をふんだんに使ったスイーツは、コンビニやカフェでも高い人気を誇っている。そこで今回はワンランク上のお取り寄せ抹茶スイーツをご紹介。和の心が詰まった味わいに癒やされてみてはいかが?