現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

一人でもパエリア 銀座「バニュルス」

2011年2月22日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:  

写真:  

写真:  

写真:  

大勢で食べるものと思っていた

 ランチあるいは夕食において、一人外食ではなかなか食しにくい料理がある。日本食なら鍋物を思い起こすし、洋食ではピザがそうだった。最近になってピザも鍋も一人向けが珍しくなくなってきたが、スペインの代表的な米料理であるパエリアに関しては、まだまだ大鍋をシェアするものと漠然と思っていた。

 それを一人でも食せるところがあるというので、明るくなった日差しに目を細めながらいそいそと銀座へ出向いた。再開発が進みきれいになりつつある通称煉瓦通り。小ぎれいなビルが並ぶ一角に気取りのない異国風な2階建て、1階がバルで2階がレストランのバニュルスになっている。

1人前の可愛い鉄鍋

 バルの入口で「一人でもパエリアを食せるか」どうかたずねる。「少々お時間がかかりますが」、「どのくらい?」、「焼くのに15分ほどです」、「待ちましょう」。ということで2階に上る。メニューを開くと限定10食でパエリアのランチ1000円があるらしいが、私の昼めし時間は遅いのですでに終了、通常の「Dayコース」1200円を注文する。

 サラダ、ミニスープ、フランスパン、一口前菜がまず出てくる。次いでパエリア、デザートのアイスクリーム、飲み物、となかなか充実したランチだ。パエリアとはもともとはフライパンという意味らしいが、その名の通り鉄製の皿のような鍋で1人前調理されている。使われている具はアサリ、タコ、エビ、タイの小片。ここでは黄色い色はサフランでなくパプリカを使っているという。

おこげがうまい

 セオリー通りレモンを絞ってふりかけ、ついてきたニンニク味マヨネーズといった感じのアリオリソースを少々つけてほおばる。米はゴジゴジと芯が残っているような食感だ。が、米粒にしみ込んだ魚介の出汁がいい味を出している。店の説明によれば、魚介の出汁は半日かけて作り、翌日使用するのだそうだ。食べ進めるうち米の硬さも気にならなくなってくる。

 鍋肌に近づくにつれて米粒がパリパリとしてきて、噛むほどに深い味を見せる。このうまさは韓国料理の石焼ビビンバのおこげのうまさに通ずる。鍋にこびりついた茶色の米粒がうまそうなのだが、いくらフォークでこそげ取ろうと思ってもカチンカチンにへばりついていて取れなかった。残念。

女性一人客も自然

 赤いチェックのテーブルクロスが庶民的な感じを出している店内は、基本的に二人用のテーブルを基本としている。それを少し寄せたり離したりすることで4人以上に対応できるようなっているらしい。今回、若い女性の一人客が数人、全く自然に食事をしていたのが印象的だった。

 パエリアを食した経験も数回しかなく、スペインに行ったこともない。したがって、今回のそれを正しく評価するすべを持たないが、私的感想としては味もコストパフォーマンスもまずまず、かと思う。帰りしなに1階のバルのカレーメニューを眺めたら500円から750円とあった。銀座のこの場所でこの価格、一度カレーも食べてみたい気がする。

【お店データ】

スペインバル&レストラン バニュルス

東京都中央区銀座2−5−17 〈地図〉

 03−3567−4128

営業:〔平日〕午前11時30分〜LO午後11時30分

〔土日祝〕午前11時30分〜LO午後11時

<本日食したランチ>

Dayコース 1200円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

春の香りを楽しむ、甘酸っぱいイチゴスイーツ(2/22)

デパ地下でも街のパティスリーでも、旬のイチゴを使ったスイーツがいっぱい! でも、ありきたりのものではつまらない…という人に、お取り寄せならではのとっておきイチゴスイーツをご紹介。ネット限定の逸品から知られざる名品まで、甘酸っぱいイチゴスイーツで春を感じてみてはいかが?

写真

シチュー、ボルシチ…冬に楽しむアツアツ煮込みメニュー(2/8)

シチュー、ボルシチ、スープなど、寒い日に恋しくなる世界のアツアツ煮込みメニュー。でも家でつくるにはちょっとハードルが高いかも…。そこで今回は、人気の専門店が手がけた、こだわりの本格派スープ&シチューをご紹介。お取り寄せで楽しめば、まさに気分はレストラン!