現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

平手造酒と田舎びた鰻重 銚子「茂利戸家」

2011年3月8日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:      

写真:      

写真:      

写真:      

利根の河口でしみじみと

 鰻重の器が味わい深い。角の漆がはげかけて少々くたびれている。だがこのくたびれ感がまたいい。本物の会津塗りを傷むと塗り替え塗り替えして使っているという。こうした什器を大事に使っているのを見ると、中身のウナギもひときわ味わい深くなろうというもの。

 もちろん江戸風の背開きの蒸し焼きだが、串を打たないで焼いたそれは肉厚で十分な質感を持っている。蒸し加減も程々で適度な歯ごたえが心地よい。タレは比較的あっさりでしつこさがない。東京の人気店とはどことなく違う素朴な味わいが、「ああ、今は千葉のはずれにいるのだ」としみじみとさせる。そういえば天保水滸伝に登場する剣客・平手造酒が笹川繁蔵のところに身を寄せ、流れ行く雲に江戸をしのんだのもそう遠くない場所だ。

由緒を語る竿のカギ

 銚子で創業80年。今は創業者の孫の宮内さん(33)が切り盛りしている。その歴史を物語るように天井に「ウナギカギ」が飾ってある。ウナギカギというのはゆるく湾曲した鉄棒の先が、猫が爪を立てたようなカギとなっている。これを数メートルの竹竿の先端にくくりつけ、沼の底や川底をひっかいてウナギを捕まえたのだ。横浜の某店でも同様の道具を見かけたことがある。

 これを使って地の天然ウナギで商売をしていたのかどうかは今となってはわからない。分かっているのは、カギが祖父のものであったということと、今は愛知産か九州産のウナギを使っているということ。良質なウナギが獲れることで知られる利根川でも、趣味で獲る人はいるが、今はとても常時商売にするほどは獲れないという。

おねえさんたちは気さく

 ウナギを食すということは、池波正太郎氏ではないが待つのは覚悟の上。熱燗とお新香を頼んでその気になっていたら、あっさり出てきた。宴会までできる大きな店の昼時だ、昔のように顔を見てから裂いていたのでは商売にならないし、ファストフードに慣れた昨今の客は、すぐ出てきたほうがありがたいのかもしれない。

 忙しく立ち働くおねえさんたちは、とり立てて客あしらいが巧みとかいうわけではないが、飾り気がなく気さくなところが気持ちいい。松1680円、竹2205円、梅2730円に迷っていると、「違いはウナギの量だけ。松でも1匹分入ってますよ」と親切だ。

学寮の仲間たちのこと

 ところで1970年前後、学生時代を学寮で過ごした。下宿やアパートに住めない連中ばかりだった。私と同じく仕送りなしもいた。おそろしく貧しかったが暗くはなかった。外部からは「魔窟」のようにもみられもしたが、住んでみればそれなりに心地よいところもあった。私は奇跡のように4年で脱出したが、6年、7年、8年と住んだ仲間も多い。

 前夜はそんな連中が年に1度開く飲み会だった。今回はなぜか幹事が銚子の犬吠崎を宿にした。元国文学の教師で中国で学生に日本語を教えている先輩、医学部崩れの後輩、関連会社の社長も卒業した後輩、まだ片足現役の後輩など7人が参加した。薄くなった頭頂部や挙動のおぼつかなさはお互い様、久しぶりに手積みの麻雀を囲みつつ昔話。年齢とともに時の過ぎるのが速くなってきたが、昨夜はとりわけ速かった。

【お店データ】

茂利戸家

千葉県銚子市清川町2−5−14 〈地図〉 0479−22−0453

営業:〔平日〕午前11時〜L.O.午後7時30分

月曜休み

<本日食したランチ>

松鰻重定食 1680円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

絶品!こだわりチーズケーキ(3/8)

チーズケーキ大好き! でも、ちょっとやそっとでは満足できない、というアナタにおすすめしたいのが、お取り寄せで楽しむちょっとぜいたくなこだわりチーズケーキ。厳選した素材を使った極上チーズケーキや、牧場生まれのチーズケーキなど、ネット上には全国の名店がずらりと勢ぞろい。まずはどれから試してみる?

写真

スイーツからパンまで、話題の米粉食品(3/1)

小麦の代替食材としても近年注目されている米粉。もちもちした独特の食感に加え、お米の消費にも貢献できることから、米粉を使った食品やスイーツなども続々と登場している。そこで今回は、お取り寄せで人気のケーキや、話題の米粉パンクッカーなどをご紹介。