現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

うれしい1000円ステーキ 日本橋「十勝」

2011年3月23日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:      

写真:      

写真:      

写真:      

わかり易い角地なのだが・・・

 十勝は桜通りと八重洲仲通りが交差する角地という分かり易い角地にある。が、1階が菓子屋になっていて、そのにぎやかな店構えに圧倒されてレストランが目立たない。もっとも戸惑ったのは私が久しぶりに行ったからで、主要な客たる近隣のサラリーマンやOLにとってはそんなことはないのだろう。

 この店は入口が桜通り側と仲通り側と2か所ある。仲通りから入ると狭い螺旋状の階段が続き、閉所恐怖症の人は「どこまで降りてゆくのか」と不安になりそうだ。たどり着いたドアはかなりくたびれていて、「よいしょ」と力を入れないと素直に開いてくれない。寄る年波を感じさせるドアだ。もう一つの出入り口も同工異曲。

昭和の香りそのまま

 店内に一歩入ると昭和の雰囲気そのまま。牛肉を扱う洋食屋独特の懐かしい香りが漂っている。牛肉料理の香りというのは、満腹の時はたまらなくうっとうしいが空腹のときは何とも言えずに好もしい。食べ物のにおいというのは腹具合でうける感じが変わるが、牛肉はその落差がとりわけ激しい。

 今回は店の一番人気のハンバーグ(880円)を食べようかと思って階段を下りてきたのだが、この好もしい香りに迷い、午後1時から提供している130gで1000円のステーキを注文してしまった。ウエルダンに焼かれた牛肉は、胡椒がきいていてうまい。柔らかいか硬いかなどは、この値段では深く追求しない。1000円という価格を考えると立派なステーキだ。責任者の茂木さん(54)によれば、このランチはちょっと無理して出しているサービスメニューだそうだ。あ、そうそう、添えてあるコーンが大層甘くてうまい。

40年前に話題

 十勝が十勝ワインと十勝牛を主力とした池田町営のアンテナショップとして東京に誕生したのは約40年前。その頃は高度経済成長の助走期で日本中が元気だった。池田町のワインも評判を呼び、このアンテナショップは町おこしの好例として高く評価され、その後の町おこし村おこし運動に大きな影響を与えもした。私が地方勤務から本社へ転勤、この店で先輩にステーキをごちそうになったのも、開店して数年の人気上昇中のころだった。

 しかし、近年の日本経済の構造や消費志向の変化の中で、10年ほど前から民営化されている。民営化されても、責任者はアンテナショップ時代のまま引き継いだので、客にとっては変化はない。仕入れも取引も前のままで、肉は十勝牛を中心とした北海道のもの、看板メニューであるワインはもちろん十勝ワインだ。

ある種のノスタルジー

 テーブル席36、カウンター4というこじんまりした空間は、40年前のままで時間が止まってしまったかのようだ。身構えたり肩ひじを張ったりしなくてもよい庶民的な味わいの店の雰囲気は、ある種のノスタルジーを呼び起こす。

 ノスタルジーを感じてかどうかは定かでないが、サラリーマン諸君はもちろんのこと、若い女性にも人気があるらしい。あまり共通項がないものと例えられる若い女性とおやじだが、ひょっとすると感性のある部分においては意外と似ているのかもしれない。

 

【お店データ】

レストラン十勝

中央区日本橋2−3−18 〈地図〉 03−3274−3727

営業:〔平日〕午前11時15分〜午後2時、午後5時〜LO午後9時30分(土 8時30分)

日祝、第1、3土休み

<本日食したランチ>

ステーキ 1000円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。

フード・ドリンク

写真

気分は南国!個性あふれる人気の泡盛を味わってみよう(3/16)

ガツンと来る力強さと南国沖縄らしい味と香りで、人気の泡盛。小さな醸造元が多いため、一般の酒屋では手に入りにくい銘柄も多いが、ネットショップなら気軽に探せてよりどりみどり。あなたは人気の古酒を選ぶ? それとも知る人ぞ知る隠れた銘酒を探し出す?

写真

絶品!こだわりチーズケーキ(3/8)

チーズケーキ大好き! でも、ちょっとやそっとでは満足できない、というアナタにおすすめしたいのが、お取り寄せで楽しむちょっとぜいたくなこだわりチーズケーキ。厳選した素材を使った極上チーズケーキや、牧場生まれのチーズケーキなど、ネット上には全国の名店がずらりと勢ぞろい。まずはどれから試してみる?