現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

女性に人気のお洒落な焼肉 銀座「天壇」

2011年5月10日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:   拡大   

写真:    拡大    

写真:   拡大   

写真:   拡大   

景色もごちそう

 一般的なイメージとして、「ランチに焼肉」というのはあまりお洒落な選択ではない。ランチばかりでなく焼肉というもの自体が、“洗練された粋な料理”とは言い難いような気がするのは偏見だろうか。嫌いな人は少ないのだが…。

 京都の祇園で昭和40年(1965年)に創業した天壇が、初めて東京・銀座に進出したのは2年前の2月。場所は昭和通りと晴海通りの交差点にあるビルの10階。場所も眺めも銀座屈指のポイントだ。窓際のカウンター席を確保して窓から見下ろせば、道行く車や新緑の街路樹がジオラマのように展開する。白いシンプルな食器やテーブル配置。ホールの従業員の物腰など、フレンチのレストラン的でもある。

透明な出汁で食す

 頼んだのはおすすめランチの先頭にあった「ロースランチ」1500円。きれいにスライスされたロースが4枚出てくる。さしのたっぷりまわったロースを無煙コンロの網に乗せ、程よく脂を落とす。注文と同時にスタッフが注いでくれておいたタレに絡めてほおばる。柔らかな肉の甘さが口いっぱいに広がる。美味。焼肉のつけダレといえば普通は濃厚な色をしたものが多いが、ここのタレは黄色がかった透明なタレだ。

 このタレを使っての食し方としてこう書いてあった。「天壇の焼肉は黄金色の透き通ったお出汁で食べる焼肉です。牛骨をベースにしたこのタレは肉汁を閉じ込め、たっぷりと出汁を含み、牛肉の旨味をしっかり引き出します。タレは多目に器に注いでお肉をしっかり絡めてください」。この門外不出をうたうタレについては、何度か商品化の話を持ちかけられたが、断り続けているという。

充実のビュッフェ

 旨いとはいえロース4切れで1500円のランチは、銀座という場所を考慮しても少々割高に思える。しかし、この店の最大の特徴の一つは、バイキングスタイルの副菜が大層充実していることだろう。グリーンサラダから始まりキムチ、水キムチ、ナムル、タンチム(牛タン煮込み)、チヂミなど15〜16種類が上品かつ清潔に並んでいる。そんな注文ができるなら「このビュッフェとご飯だけで十分」、と思ったりするくらいだ。

 このビュッフェを考えるとコストパフォーマンスは悪くない。その上、開放的な高層からの眺望とお洒落な雰囲気とあって、圧倒的に若い女性客の支持を受けているようだ。連日開店前から行列ができ、カウンター席を確保するには時差攻撃が必要なくらいだそうだ。

材料は京都の本店で仕込み

 店長の三坂祐司さん(32)によれば、東京への初進出についてはいろいろ努力をしたという。まず味については、キムチから自慢のタレまで、均一さを確保するために、京都の本店で一括して仕込んでいる。結果としてこのやり方は、銀座という土地単価の高いところで、「キッチンスペースを少なくして、できるだけ多くの客を」という利点もある。

 ランチはカルビやロース・カルビなどが1500円だが、ソルロンタン、ビビンバなど1000円のものもある。もちろんこれらにもバイキングが付く。席数は全部で63席で、夜の予約では二人からの個室もある。

【お店データ】

中央区銀座5−13−19 DUPLEX GINZA TOWER 10F 〈地図〉 03−5551−1129

営業:〔平日〕午前11時30分〜午後3時(LO2時30分)、

午後5時30分〜午後11時30分(LO11時)

無休

<本日食したランチ>

ロースランチ 1500円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

しびれる辛さに汗が吹き出す!カラウマ夏の激辛料理(7/26)

例年にない激しい暑さには、いつもより激しく辛い料理で対抗してみてはいかが? 今回は数ある辛口料理のなかでも、とびきり辛いものが大集合。ひとくち食べれば、口がしびれて汗がしたたり落ちるほど!? 刺激が強すぎるものばかりなので、子どもや辛さに弱い人は要注意。

写真

ツルツルおいしく食べられる、夏のめん類(7/19)

ツルツルと食べられる冷たいめん類は、まさに夏の風物詩! 今回のお取り寄せメニューは、トマトの酸味が食欲をそそる冷製パスタや、伝統の「ざる」や「ぶっかけ」が楽しめる讃岐うどん、ぴりりと辛い盛岡冷めんなど、さわやかな味わいが盛りだくさん。しっかり食べて暑さに打ち勝とう。