現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

鰹節問屋直営でつゆが自慢 京橋「そばよし」

2011年6月14日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:かきあげ蕎麦かきあげ蕎麦

写真:お店の外観お店の外観

写真:お店の中お店の中

写真:粉かつお粉かつお

化学調味料を使わない

 賢人は竹林だけにいるわけではない。市井にも思いがけない賢人がいて驚かされることがある。蕎麦屋も見よ堂々の、あるいはいかにも渋いそればかりがうまい蕎麦を供するとは限らない。立ち食いでも“めっけもの”のような蕎麦屋に出会うことがある。少なくとも私が知る限り、京橋界隈に2軒ある。

 日本橋に本店を持つそばよしはその1軒で、今年5月京橋に開店した。この店の最大の特徴は日本橋の鰹節問屋の直営店であること。目の前に置かれたかき揚げ蕎麦からは、湯気とともに鰹節の出汁の香りがふわりと立ち上る。化学調味料を一切使わないというつゆは、旨味は深いがキレがあり、口中に妙な味が残らない。江戸風でやや辛目。

その日打った生麺

 この自慢のつゆの出汁の取り方は、4分の3を鰹節、残りの4分の1にソーダ節とサバ節を加え、今の味を出している。老舗蕎麦屋などで化学調味料を使わないつゆを出すところはあるが、手軽な蕎麦屋、ましては立ち食い蕎麦でそんなつゆを出すのは珍しい。何しろ、もりやかけが270円という値段で、だ。

 肝心の蕎麦はどうかというと、これが細めの更科風で、立ち食い蕎麦とは思えぬ本格的なもの、なかなかにいける。本店のある日本橋の3階で、その日に打った生麺を使っているという。

たどたどしい日本語

 入口を入ると右手に券売機がある。奥のカウンターのおねえさんに渡すと、「オスキナトコロヘドウゾ」と声をかけながら半券を返してくれる。出来上がると「85バンノカキアゲノカタ〜」と、呼んでくれるので、出向いて受け取る仕組みだ。おねえさんたちの日本語はまだたどたどしい。こみいった話は避けた方がよい。

 鰹節問屋という職業つながりなのだろうか、穴子の天ぷら蕎麦440円もメニューにある。しかも、「横浜小柴の第六金亀丸の斎田芳之さんから直送の江戸前の穴子。輸入品とは違います」。本格的だ。私は穴子が得意でないからあまり食指は動かないが、好きな人なら気になるところだろう。

懐かしい猫マンマ

 かき揚げ蕎麦を待つ間、目の前の「おかかごはん」という文字が目に入った。曰く「本店ビル3階で鰹節を削る際に出る『粉かつお』、これをライスにかけ放題。ご飯に適量をかけ、醤油を控えめに3〜4滴かける」。子供のころ田舎で飼っていた猫の食事と似ている。急いで半ライス70円の券を買い足し、“レシピ”通りにつくって見た。ひどく懐かしい味がした。

 鰹節問屋の蕎麦屋がなぜ「そばよし」なのか。あまり深い意味はなさそうで、社長の山崎能孝(よしたか)さんが10年ほど前に蕎麦屋を始めるに当たり、自分の名前を1字使ったという、日本橋の旦那の洒落心のようだ。

 では、本業の鰹節の会社は?という疑問が湧いてくる。湧いてこない人もあろうが、私は沸いてきた。壁に各種の荷物用段ボールがインテリアのように貼ってある。じっと見回すと、それらしきものがある。「多分これだ」と思うものが、やはりそうだった。興味のある人は蕎麦を待つ間に探してみるのも一興だろう。

【お店データ】

店名 そばよし

中央区京橋2−6−18 〈地図〉 080−5462−6278

営業:〔平日〕午前7時30分〜午後8時

  :〔土曜〕午前11時30分〜午後3時

日祝休み

<本日食したランチ>

かきあげそば390円+半ライス70円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

しびれる辛さに汗が吹き出す!カラウマ夏の激辛料理(7/26)

例年にない激しい暑さには、いつもより激しく辛い料理で対抗してみてはいかが? 今回は数ある辛口料理のなかでも、とびきり辛いものが大集合。ひとくち食べれば、口がしびれて汗がしたたり落ちるほど!? 刺激が強すぎるものばかりなので、子どもや辛さに弱い人は要注意。

写真

ツルツルおいしく食べられる、夏のめん類(7/19)

ツルツルと食べられる冷たいめん類は、まさに夏の風物詩! 今回のお取り寄せメニューは、トマトの酸味が食欲をそそる冷製パスタや、伝統の「ざる」や「ぶっかけ」が楽しめる讃岐うどん、ぴりりと辛い盛岡冷めんなど、さわやかな味わいが盛りだくさん。しっかり食べて暑さに打ち勝とう。