現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

女子が御用達のタイ料理店 銀座「チャオタイ」

2011年8月23日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:        

写真:        

写真:        

写真:        

暑い時に刺激的なもの

 昔、サハラ砂漠紀行の書物を読んだことがある。何が書いてあったかほとんど忘れたが、食い物の話だけは鮮明に覚えている。灼熱の砂漠を旅していると食欲というものがほとんどなくなる。甘いものも塩辛いものも喉を通らなくなる。唯一喉を通るのは辛いものだったという。普段なら飛び上がるほど辛いものだけが喉を通ったというのだ。

 「なるほどそんなものか」と、アラビアのロレンスの場面などを思い出しながら妙に納得した覚えがある。日本の夏は砂漠のような暴力的なものではないが、湿気が多く不愉快だ。冷たいものを食す場面が多いが、時に辛くてスパイスの効いた刺激的なものを食すのもよい。

辛いといえばタイ料理

 スパイシーで辛いといえば、まず思い浮かぶのはタイ料理。「ガツンと辛いものでも食してみるか」、と銀座インズ2の地下にあるチャオタイに出向いた。タイ料理といえば、一つ覚えのようにカレーばかり食してきたが、今回はフト気が変わって「トムヤムクン味タイラーメン」780円というものを食してみた。200円プラスで炒飯、サラダ、デザートのセットもつけて。

 タイラーメンというのは初体験。辛そうな色をしているスープをふくんでみる。確かにトムヤムクンの味はしたが、むせかえるような辛さがない。「ちょっと物足りないぞ」。麺はメニューに書いてある通り細麺。これも普通のラーメンと違い、ヤワヤワとしていて少々頼りない。「ガツンといってみよう」と思った意気込みは肩すかし。しかし、「ガツン」を期待しなければ、これはこれで面白いラーメンだ。

“男の視線”少ない世界

 入口を入ると右手が喫煙、左手が禁煙になっている。この店の最大の特徴は両コーナーとも女性客が多いこと。午後1時30分とややピークを過ぎた時間だったが、男は私ともう一人いただけ。この占有率はちょっとびっくりする。男の視線が少ないせいか、女子たちがかなりくつろいだ表情に見えたのは、私の思い込みだけではないと思う。

 向こう隣りの隅のテーブルでは、3人の若い女性が楽しそうに食事をしていた。椅子のわきにベビーカーが2台。一人の乳児は抱っこされて、もう一人はベビーカーの中で熟睡していた。

 昔一緒に働いていた仲間たちが、久しぶりの銀座での再会を楽しんでいたのだろうか。こうした光景に違和感を持たせない店の雰囲気と、乳児を連れた若い母親たちの和やかで柔らかい空気に、おやじの心はほのぼのとしてしまった。

女子はタイ料理が好きらしい

 隣席の30歳前後とみられる一人客の女性は、「ここが開店したのは昨年だが、店が東芝ビルにあった頃からよく来た」、「タイ人の従業員たちも以前のまま」だったという。女性客が多いことについて、「大方の女子がエスニックの香り、程よい辛さなどが好き」なのだそうだ。

 ランチ価格はAシリーズが600円〜で10種類のラーメンが選べ、B780円〜で3種の焼きそば、C830円〜で焼き飯2種、D850円〜でカレー5種、E880円があんかけご飯9種と、全体がリーズナブルなものになっている。この価格も人気のある原因の一つだろう。

【お店データ】

店名 チャオタイ

中央区銀座2−2 インズ2 B1F 〈地図〉 03−5250−0870

営業:〔平日〕午前11時30分〜午後3時、午後5時〜午後11時(L.O.10時30分)

無休

<本日食したランチ>

トムヤムクン味ラーメンのセット  780円+200円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

お好み焼き、たこ焼き、もんじゃ焼き…おとりよせ粉モノ(8/23)

お好み焼きを筆頭に、もんじゃ、たこ焼きなど、ときどき無性に食べたくなるのが粉モノメニュー。でも、意外と準備が大変で…という方のために、お取り寄せして手軽に楽しめる人気の粉モノをご紹介。ふわふわ、とろとろの食感を楽しむ? それともソースの味わいにハマる?

写真

ハマる人続出!気になる塩スイーツ(8/16)

あっさりした塩味メニューが続々登場する昨今、塩を使ったスイーツも人気上昇中。甘さの中にただようほんのり塩味がアクセントになっていて、一度食べるとハマる人も多いとか。暑い残暑のコーヒータイムは、新感覚の塩スイーツで気分をリフレッシュしてみては?