現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

うなぎ問屋の直営店 有楽町「炙一徹」

2011年11月8日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:        

写真:        

写真:        

写真:        

ランチは売り切れ

 うなぎ問屋直営のうなぎ屋が有楽町にある。JR有楽町駅の日比谷口を出て、ガードに沿って4〜5分、名前は「炙一徹」(あぶりいってつ)。説明によれば、頑固に焼きにこだわるというほどの意味で命名したそうだ。

 昼は1500円のうな丼と2800円のWうな丼のランチがある。1500円のそれを目指して行ったのだが、この日はすでにランチは売りきれていた。うな重の並1780円を注文する。

 さほど待つ間もなく運ばれてきた。本気でうなぎを食そうと思った時にあまり早く出てくると興ざめだが、昼はすぐ出てくるのはありがたい。

タレも身もあっさり目

 この日のうなぎは入口に看板があるように鹿児島産。ちなみに同県はうなぎの生産量は日本一だ。静岡もそうだが、火山のあるところは水が良くてうなぎの生産に適しているらしい。

 出てきたうなぎは淡白そうな色合い通り、必要以上の脂のしつこさがなく、ほおばるとホロホロといった感じで身がほぐれた。タレもずいぶんとあっさりしている。ねっとり濃厚な味を期待して出向くと、少し肩透かしを食うかもしれない。最初は物足りないくらいだが、そのかわり最後まで飽きずに食せる。

次は「坂東太郎」を食さねば

 この店の売り物は「坂東太郎」と呼ばれる養殖うなぎ。3150円からというので、サラリーマンの普段ランチにはちょっと難しい価格。未だ食したことはない。坂東太郎とは言わずと知れた利根川のこと。その利根川で11月に獲れる天然の下りうなぎが、数あるうなぎの中でも絶品なのだそうだ。

 通常の養殖うなぎはイワシを餌にしているところを、ここではかまぼこなどに使用するスケソウダラの粉末と、生アジのすり身を与えるなどの工夫をして、天然ものに劣らないうなぎの養殖に成功した。ブランド名も坂東太郎と名付けた。ただこの坂東太郎は値も張るばかりでなく注文してから30〜40分ほどかかる。普段の昼飯にこれを選ぶのは少々難しい。しかし、そのうち一度食してみたいものだ。

根拠地は千葉の銚子

 問屋のほうの社名は「忠平」。利根川河口の銚子に会社があり、創業は明治維新の前年の慶応3年というからかなりの老舗だ。10年前に有楽町に直営店を出し、3年前にそれをリニューアルした。1階と2階がテーブル席、3階が座敷となっている。

 真っ白な入口はのぼりや看板がなければとてもうなぎ屋とは思えない。店内も何やら洒落たカフェのように真っ白にできている。うなぎ屋としてはずいぶん変わっている。もっともこの雰囲気の為か、勤め人の諸兄諸姉はもちろんだが、年配のよそ行き風のご婦人方なども違和感なくうなぎを食していた。

 リニューアル前は1階で焼いていたが、リニューアルと共に4階で焼くようにしたという。においとか煙とかで何かあったのだろうか。うなぎ屋が煙とにおいに遠慮せねばならない時代になったのだとしたら、ずいぶん味気ない時代になったものだ。

【お店データ】

店名 炙一徹

千代田区有楽町1−2−8 〈地図〉 03−3501−2550

営業:〔火〜金〕午前11時30分〜午後2時30分(L.O.2時)、午後5時〜午後9時(L.O.8時30分)

   :〔土祝〕午前11時30分〜午後3時(L.O.2時30分)、午後5時〜午後9時(L.O.8時30分)

日月休み

<本日食したランチ>

うな重 1780円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

今すぐ予約したい!正月に楽しむ豪華お節(11/8)

いろいろと暗いニュースが続いた2011年。来年こそいい年に! の願いを込めて、お正月を豪華なお節で祝ってはいかが? ご紹介するのは、いずれも各店自慢の心を尽くしたお節ばかり。人気が高いものは売り切れることも多いので、思い立ったら早めに予約しよう!

写真

聖夜に楽しみたい、豪華なおとりよせクリスマスケーキ(11/1)

家族でわいわいと、大切な人と二人きりで…。今年のクリスマスは、自宅でおとりよせクリスマスケーキを楽しんでみては? 今回は聖夜を彩る、ちょっと豪華なクリスマスケーキをピックアップ。人気のものは早めに売り切れることもあるので、早めに予約しておこう。