現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

青い扉が目印 銀座「オステリア アズーロ」

2012年4月24日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:  

写真:  

写真:  

写真:  

 銀座1丁目、京橋に近い昭和通から1本新富町側に入った通り。京橋プラザ近くの比較的静かなところにある青い扉が目印のこじんまりしたイタリアン。

優しそうな若者たち

 この季節、木製の青い扉は開けてありオープンな感じだ。そのドアから数人の女性客が出てきた。すぐ後からエプロンをかけた若い青年が、ていねいにドアのところまで見送りに出てきた。カジュアルな感じの店にしては思いがけない光景だった。余程馴染みの客なのだろうか。

 長方形のスペースの店内はオレンジとイエローのテーブルクロスが幾何学のように並び、奥がキッチンになっている。先ほど見送りに出た一人とキッチン担当の二人、いずれも背が高く優しそうな若い男性たち。

細めでしっかり味

 1000円の本日のランチが3種類あった。仔牛肉のミートソースを注文した。最初にややたっぷりのサラダとパンが出る。その後パスタが出てコーヒーか紅茶がつく。これで1000円なので、ゆっくりとランチを楽しむには手ごろだ。パスタはフェデリーニというのだろうか、細めで程よいアルデンテ。たっぷりかかったミートソースはしっかりした味付けだ。パンとの相性も良い。

 量も十分にあった。加えてパンとサラダだから、女性なら持て余すかもしれないなどといらぬ心配をしたが杞憂だった。私が入る前から居て、出るときにも依然としておしゃべりに熱中していた二組の若い女性たちなど、全くきれいに完食していた。この店の味も量も承知の上の訪問なのだろう。

自転車も青色

 ところで店名のアズーロというのは、イタリア語で青色という意味なのだそうだ。それで扉が青く塗ってあったわけだ。さらに店の前にあった2台のママチャリまでが、やや不器用そうな仕上がりだったが、青色のペンキで塗ってあった。

 なぜ青か、ということ。店は南イタリア風の料理が売り物。南イタリアの観光名所の一つが青の洞窟。というわけで、店自体を青の洞門をイメージしたという。言われてみれば洞窟をイメージしたというゆるく湾曲した天井も青色だ。

 新鮮な魚介料理が自慢で、毎日築地まで青い自転車にまたがって仕入れに行くという。「今度ディナーのカルパッチョをぜひ食べてみてください」と勧められた。

目を楽しませる壁の絵皿

 壁にはイタリア土産の色鮮やかだが素朴な感じの皿などが飾られ、親しみやすい印象を出している。皿といえば洗面所には、イタリア有数の穀物の産地シチリアのシンボルである三脚巴の絵皿が飾られていた。「ヘタウマ」とでもいうのだろうか、面白い味わいの絵皿だった。

 全部で24席という広さ、カジュアルで明るい店内、手ごろな価格…、女性に人気があるようだ。食べ終わって店を出るとき、エプロンの青年が出口まで送ってくれた。見送るのは特別な客だけではなかった。

【お店データ】

店名 オステリア アズーロ

中央区銀座1−20−9 〈地図〉

03−3564−3400

営業:〔月〜土〕午前11時30分〜L.O.午後2時、午後6時〜L.O.午後10時

日曜休み

<本日食したランチ>

仔牛肉のミートソース 1000円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

行楽シーズン到来!バーベキューおまかせセット(4/17)

いよいよ行楽シーズン到来! 天気のいい日は家族や友人とバーベキューに出掛けよう。アツアツを皆で食べれば喜びもおいしさも倍増、きずなや友情も深まるはず。今回紹介するのは、さざえをはじめとした海鮮セットに、味付け肉のボリューム満点セット、ワニやダチョウという珍種入りのくし焼きセットなど、お取り寄せならではの個性的でお得なセットばかり。思い出や話題作りにもぴったりだ。

写真

米粉からベイクドまで、魅惑の濃厚チーズケーキ(4/10)

ショートケーキやチョコレートケーキと並び、不動の人気を誇るチーズケーキ。チーズが生み出すリッチなコクとうま味に、うっとりしてしまいそう…。今回はしにせ豆腐屋が手がけた変わり種、自家栽培の米粉で焼き上げたこだわりの逸品など、人気のお取り寄せチーズケーキをピックアップ。あなたの好きなチーズケーキはどのタイプ?