現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

とんかつを岩塩で食す 銀座「にし邑」

2012年5月15日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:  

写真:  

写真:  

写真:  

 柔らかで厚みのある豚肉をからりと衣がくるんでいる。ガリガリっと振りかけたイタリアはシチリア産の岩塩が玄妙な味わいを醸し出す。

カウンター13席だけ

 店は歌舞伎座にほど近い静かな通りにあり、入り口もおとなしくこじんまりしている。ドアを入ると右手にキッチンと13席のカウンターがウナギの寝床のように奥へ続いている。大柄なおやじさんが、ひどくまじめそうな余念のない表情でかつを揚げている。

 その隣で大層愛想の良いおかみさんが膳を整えている。カウンターの外では小粋にハンチングをかぶった女性が案内、片づけ、レジと種々の仕事をこなしているのだが、何しろ店は狭い。待つ人とカウンター客の間を蟹のように横になりながら、思いがけない素早さでかいがいしく立ち働いている。

背中で人が待っている

 とにかく良く繁盛している。おやじにとって背中で泣いているのは唐獅子牡丹だが、この店では背中で泣き声こそしないが、いつも静かに人が立っている。席が空くのを待っているのだ。お互い限られた昼休み時間だろうと思うと、いつの間にかせかせかとはしを運んでしまう。

 ロースかつ膳1050円、上ロースかつ膳が1350円。迷ったが上を頼んでみる。てんこ盛りのキャベツとボリュームのあるとんかつと具だくさんの豚汁がつく。 

 「右手の半分が霜降りなので塩が合うかと思います」。おかみさんがカウンターの向こうからお膳をよこす。岩塩の小瓶は振っても叩いても出てこない。ふたをとろうとしても取れない。往生していたら隣のにいさんが「逆さにしてふたをゴリゴリ回すんです」と教えてくれた。ミルになっていたのだ。

おやじは脱サラ起業

 ミネラルをたっぷり含んだという岩塩は少し甘みがあるような深い味がある。塩でかつを食すのもなかなかいける。塩はソースよりも素材自体の味を正直に引き出すようだ。天ぷらもこれに似ている。

 ランチの人波もピークが過ぎ、店の空気がやや緩む。おやじさんと少し雑談をする。と、エンドユーザーとかカスタマーサティスファクションとか、とんかつ屋のおやじさんから思いがけなくハイカラな言葉が出てくる。

 話を進めるうちに納得した。おやじさんこと西村義郎さん(64)は長くアパレルメーカーに勤めていたが、13年前会社の都合もあり退職した。苦しくなると企業がやる早期優遇退職というものだろうか。脱サラ起業をしたというわけだ。愛想のいいおかみさんは奥さん、ハンチングの女性は娘さんだった。アットホームな感じがにじみ出ているのもうなずける。

たかが塩でも奥が深い

 ところで岩塩。たかが塩だがされど塩。いろいろ使ったがシチリア島の岩塩が一番うまかったのでそれに落ち着いたという。イタリア製の使い捨て容器がもったいないので、岩塩そのものを入手して詰め替えてみたが、どうも思う味が出なかった。現地で適度に均一な粒子状にしたものにかなわなかったわけだ。

 自家製ソースも香辛料は製造直前に挽き、生の野菜をそのまま使うなどの工夫をしているという。食材ばかりでなく、身の回りのごくありふれたような品々でも、聞けばきっとそれぞれの小さな、あるいは思いがけないような工夫や努力があるのだろう。そんな目で眺めると世の中というのは奥深いものだ。

【お店データ】

店名 にし邑(にしむら)

中央区銀座3−12−6 〈地図〉

03−5565−2941

営業:〔平日〕午前11時〜午後2時30分、午後5時30分〜L.O.午後9時

土日祝休み

<本日食したランチ>

上ロースかつ膳 1350円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

職場の人気者!個別包装の差し入れスイーツ(5/15)

職場やホームパーティーなど人が多く集まる場所への差し入れには、個別包装のスイーツが断然おすすめ。その場ですぐに配れるのはもちろん、袋入りなので手を汚さずに食べられるのが大きなポイント。持ち帰りにも便利で、受け取る側への心遣いもバッチリだ。今回は、味や素材にも徹底してこだわった、えりすぐりの差し入れスイーツを紹介しよう。

写真

一度は食べてみたい!話題のご当地グルメ(5/8)

伝統の郷土料理から町おこし用に開発された新メニューまで、全国各地で注目を集める庶民の味方といえば、ご存じB級ご当地グルメ。その地域ならではの食材や味付けが楽しめるとあって、これを目当てに現地へ足を運ぶ人も多いが、今回は家庭で手軽に味わえる「おとりよせ」ご当地グルメをピックアップ! まだ食べたことのない人も、もう一度食べたい人も要チェックだ。