現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

御鷹匠仕事の親子丼 日本橋「玉ひで」

2012年6月5日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:  拡大  

写真:  

写真:  

写真:  

 親子丼で知られる玉ひで、250年という暖簾(のれん)もたいしたものだが、この店の人気もただ事ではない。12時半頃に訪ねたのだが歩道に30人ほどが列を作って待っていた。

30人の行列にひるむ

 列を見て一瞬ひるんだが、一度は食してみたいという好奇心から30人の後についた。事前の情報では昼は午後1時までと記憶していた。目の前で「ハイ、ここまでです」と断られたら悲惨だと心配したが、入り口にあったおしながきをよく見たら「1時までにお並びいただいた方」と書いてあった。

 30分近く待って玄関にたどり着いた。だが中でも行列。最近は滅多に見かけなくなった下足番がいるのに驚いた。愛想のよいおばちゃんに下足札を渡され、廊下に上がってさらに10分ほど待った。

ほとんど東京の観光名所

 待つ間に注文して食券をもらう。元祖親子丼1500円を頼む人が多かった。案内された店内は切りこたつ風の座敷で相席。丼を手にするまでかれこれ40数分だった。それでも待っていた人数から考えれば回転は速いと言えるのだろう。

 私の前に並んでいた若い女性二人は、秋田から東京ドームのコンサートに来たついでに訪ねたという。改めて行列を見渡せば、この界隈で多く見かけるサラリーマンやOLの姿は少ない。限られた時間の昼休みではこのペースのランチはやや難しいだろう。

 年配の夫婦や家族連れ、あるいは今日はオフといった感じの若い女性などが多い。どうも東京の観光名所の一つのような雰囲気だ。

絶妙な卵の半熟具合

 目の前に置かれた塗りの丼を開けると、丼一面に広がる卵の黄色が鮮やかだ。わきのほうから木製のさじでそろそろと食す。卵の半熟具合が絶妙で、汁はご飯に沁みているようでもあり沁みていないようでもある。そのご飯も卵の味に負けてしまうことなくしっかりと粒立っていて、良い塩梅だ。

 たっぷり入っている鶏肉は歯応え、味共にクセがなく美味。親子丼に三つ葉や海苔などを載せるところもあるが、ここのそれは吟味した鶏肉と醤油とみりんの香りを生かし、余分な香りのある具を入れない江戸前の味わいが身上だという。「正しい親子丼」を知るという意味で、一度並んでみた価値はあった。

創業者は将軍家の御鷹匠

 宝暦10年(1760年)、御鷹匠の家に生まれた山田鐡右衛門が将軍家に出仕するかたわら妻の「たま」と共に「御鷹匠仕事」を始め、人形町に「玉鐡」と称する軍鶏専門の店を開いたのがこの店の始まりだという。ちなみに「御鷹匠仕事」とは将軍家の前で鶴を切る格式高い、包丁の練達の秘法だそうだ。

 明治20年代、客が鳥なべの残りの割り下に卵をとじて食べたのにヒントを得て、五代目を継ぐ秀吉の妻・山田とくが親子丼を創案した。その秀吉の代、「玉てつの秀さん」の店と呼ばれて人気があり、その通称から「玉ひで」を屋号としたという。当時、盛りきりの丼は軽んじられていたが、忙しい兜町や魚河岸の人々には喜ばれたという(玉ひでの歩みから)。この辺は鉄火丼や西洋のサンドイッチの生い立ちとよく似ている。

【お店データ】

店名 玉ひで

中央区日本橋人形町1−17−10 〈地図〉 

03−3668−7651

営業:〔平日〕午前11時30分〜午後1時までに並んだ人(コースはL.O.午後1時)、午後5時〜午後10時(L.O.午後9時)

   :〔土日祝〕午前11時30分〜午後1時までに並んだ人(コースはL.O.午後1時)、午後4時〜午後9時(L.O.午後8時)

無休

<本日食したランチ>

元祖親子丼 1500円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

麦茶、緑茶…夏にうれしい冷たいドリンク(5/29)

暑い夏、乾いたノドとカラダをやさしく潤してくれるのが、ひんやり冷たいドリンク。そこで今回は、水を注ぐだけで本格的な味わいが楽しめるアイスドリンクや、お店の味を自宅で手軽に再現できる水出しコーヒーメーカーをご紹介。自分で作れば、市販のドリンクを買うよりも経済的!

写真

揚げ物たっぷりおとりよせ(5/22)

揚げ物といえば、夕食やお弁当のおかず、ビールのおつまみなど、幅広い世代から支持される定番メニュー。今回は、専門店の味を自宅で気軽に楽しめるおとりよせならではの人気商品をピックアップ。プリプリのえびかつや、さくさくジューシーなくし揚げ、神戸牛のプレミアムコロッケなど、いずれも食材にとことんこだわった逸品ぞろいだ。