現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. おやじの昼めし
  6. 記事

おやじの昼めし 京橋玉次郎のお品書き

【最終回】里山にいる気分 丸の内「レバンテ」

2012年6月26日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:  

写真:  

写真:  

写真:  拡大  

ケヤキの新緑がまぶしい

 広いガラスのすぐ向こうに新緑の木々がそよぎ、林の中にあるレストランのようだ。窓の外にはケヤキ42本、カラマツ15本、開放感があって眺望がよく、里山の木々に囲まれたような気分で食事がとれる。新緑の初夏や枯葉が舞い始める晩秋など、この店の席に座るのは気分がよい。

 もともとレバンテは有楽町駅前、山手線の外側にあった。この時も窓の外がよく見えるので人気のあるビアレストランだった。駅前再開発で、2003年に都庁後の東京国際フォーラムの2階に移転したが、やはり眺めということを重視して設計したという。

オーソドックスなステーキ

 昼はサービスランチ1000円とスペシャルの2000円がある。1000円ではハヤシライス、カレーライス、パスタ、ハンバーグ、カニコロッケなどがある。2000円のスペシャルはサーロインステーキと魚が選べ、この日の魚はひらめのカフェドパリ風。どのランチにもドリンクバーがつく。

 久しぶりにステーキを頼む。最初に出たアボガドの冷製スープはこってりしていて、蒸し暑くなりかけた季節に冷たいのど越しが心地よい。ステーキのつけあわせはポテトグラタン、ニンジンのムース、グリーンピースとごくオーソドックス。ステーキ自体も値段相応、といったところだろう。

ビアレストランの草分け

 店名になっている「レバンテ」とはスペイン語で「東方・日出る処」という意味なのだそうだ。1947年(昭和22年)大倉財閥の大倉喜七郎によって創業された日本におけるビアレストランの草分け的存在。有楽町界隈ではよく知られた店で、松本清張の「点と線」にも登場する。三重県の的矢カキも看板メニュー。駆け出しの頃、先輩にここでカキフライとビールをおごってもらったのも思えばずいぶん昔の話だ。

 移転して一段と広々と明るい店となったが、どことなく昔の感じが残っている。豪華というのではないが、つくりのがっしりした昔からの椅子とテーブルをそのまま使っているからだろう。支配人の河村高滋さんによると、「国産材でこれだけのものはもう作れないので、修理しながら使っています」という。

錯覚と真実と

 テネシー・ウイリアムズの「ガラスの動物園」という戯曲の冒頭に、「手品師は真実と見せかけて錯覚を起こさせるが、私は楽しい錯覚を起こさせておいて真実をお見せします」という意味のセリフがある。

 窓の外の木々を眺める。か細く痛々しく雑踏に戸惑っているかのようだった幼木。少しかわいそうに思って眺めていた木々。それが今では堂々とした風情の林になっている。

 人工的な林とそこでくつろぐたくさんの人々がいる。いうなれば自然の「いいとこどり」とでもいうのだろう。人間のエゴ、人と自然との有り様などをぼんやり考える。十分に快適なのだが、目の前の風景が今一つ胸にストンと落ちてくれない。脈絡もなく前記のセリフを思い出した。

    ◆

 今回で「おやじの昼めし」は終わらせていただきます。気が付けば194回、3年半にわたって書いてまいりました。長い間のご愛読ありがとうございました。

【お店データ】

店名 レバンテ

千代田区丸の内3−5−1 東京国際フォーラム 〈地図〉

03−3201−2661

営業:〔平日〕午前11時30分〜午後10時30分(L.O. Food午後9時45分、Drink午後10時)

    〔土日祝〕午前11時30分〜午後8時30分(L.O. Food午後7時45分、Drink午後8時)

<本日食したランチ>

サーロインステーキ 2000円

プロフィール

京橋 玉次郎(きょうばし・たまじろう)

 心身のリフレッシュに週2、3回スポーツジム通い。京橋・銀座・日本橋・八重洲・八丁堀界隈の雑食的な昼めし散策のほか、天気のよい日に肩の力を抜いてサイクリングに出かけるのも楽しみ。時には温泉泊まりの輪行で古い街道を走ったり峠を越えたりも。元大手マスコミに勤務、不規則で不健康な記者生活36年だった。好奇心強く少し天邪鬼。身長175センチ、A型。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

牛乳、コーヒー、トマト…飲んでおいしい変わり種焼酎(6/26)

焼酎といえば、芋、麦、米、蕎麦などが定番だが、ここ数年は意外な素材を使った焼酎が続々と誕生し、幅広い世代から人気を博している。そこで今回は、牛乳、ごま、コーヒー、こんぶ、トマトなど、話題の変わり種焼酎をピックアップ。ていねいに素材本来の味と香りを引き出した、飲みやすいものに仕上がっている。

写真

今年は品薄!? うなぎ料理おとりよせ(6/19)

7月27日は土用の丑の日。うなぎ稚魚の不漁で国産うなぎの品薄が懸念されるが、やっぱり夏にはうなぎが食べたい! という人のために、国産うなぎを使ったうなぎ料理のおとりよせをご紹介。定番の蒲焼きから、おやつ感覚で楽しめるものまで、どれも職人こだわりの逸品ばかり。うなぎならではの味わいを、余すところなく堪能しよう。