現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. 論より、おやつ。
  6. 記事

とっとりバーガーフェスタ@東京タワー

2011年9月26日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ナシ果汁入りサイダーと「肉汁バーガー」ナシ果汁入りサイダーと「肉汁バーガー」

写真:ホルモン焼きそば入りの「ホルソバーガー」ホルモン焼きそば入りの「ホルソバーガー」

写真:トマト味の「ガイナ・チキンバーガー」トマト味の「ガイナ・チキンバーガー」

写真:気に入った「あごカツバーガー」気に入った「あごカツバーガー」

 相棒ユウさんがインド出張から戻ってきた。土産は石けんだった。あら、定番のレトルトカレーは?デリー空港の免税店でトマト味のカレー・バターチキン4個を買ったという。でも乗り継ぎのバンコクで憂き目にあった。「グレイビー(肉汁)です」。液体扱いされて没収されたらしい。でも豆のカレー・ダルはOKだった。ダルこそスープ状なのに。解せん…。

 ともかくホッとした。週末は乳飲み子ケイを任せよう。たまには1人で出かけたい。宣言する。おずおずと言われた。「これに行ってもいいですか…」。差し出されたチラシにはこうあった。「とっとりバーガーフェスタ@東京タワー」。何これ。鳥取・大山で10月8、9日、全国40種の「ご当地バーガー」が味わえるイベントのPRだった。鳥取予選を勝ち抜いたバーガー5チームが東京にやってくるという。

 支えるのは「若い鳥取県応援団」というグループだった。何しているの?「ん?飲み会」。何じゃそりゃ。ユウさんが8年前、立ち上げにかかわったボランティアグループらしい。鳥取県の認知度を上げようと、東京在住の出身者ら130人が活動している。若いって40代でしょう…。まぁいっか。東京タワーまで付き合った。

 バギーを押して会場入りする。タワー1階にオムツ替えのできる授乳室があった。ホッ。長居しても大丈夫だな。どこでも授乳しちゃう私だけれど、オムツ替えはそうもいかないから。

 「応援団」の40人が赤いTシャツ姿で仕切っていた。「有償なの、ぼくだけですから」。鳥取県庁の岩谷さんは言った。ちょっと感動した。隣の岡山出身だけれど、私って愛郷心が足らないかも。

 鳥取のキャラクター「トリピー」を遠目に眺めながら5つの屋台に近づく。どのバーガーも500円か600円だが、日本円は使えないという。ここだけの通貨「ダラーズ」に換える。何で「ダラーズ」なんだろう。ハンバーガーといえばアメリカだから?「ダラズといえば鳥取弁で<あほう>の意味だけど」。インド帰りの鳥取人は頼りない。こういうの、あんまり考えないほうがいいんだろうな。

 応援団長の岸君におすすめを聞いた。「ゲゲゲの鬼太郎」が着ている黄色と黒のちゃんちゃんこ姿で言った。「ボク、肉が好きなんで。肉汁バーガー、好きです」。どれどれ。確かに。ユウさんの故郷・境港からやってきた「前田牧場の極上肉汁バーガー」には長蛇の列だった。バンズの上に薄くスライスされたナシを敷き、ジューッと焼いたパテをのせる。ナシがシャリシャリして、パテはごつごつと手作りの味がした。

 肉汁バーガーが直球なら、「鳥取和牛 ホルソバーガー」は超スローカーブかも。鳥取県東部のソウルフード「ホルソバ(ホルモン焼きそば)」と「カレー」とハンバーグが入っていた。バンズの中は小宇宙だわ。チキンバーガー、南部町のブランド豚を使った「ナンブーバーガー」…。どれもおいしかったけれど一番、気に入ったのは「琴浦あごカツカレーバーガー」だった。カマボコ屋さん作で、アゴ(トビウオ)をすり身にして揚げてある。素直な味で違和感がない。カレーはもう少しスパイシーでもいいけれど、ソースとしての存在ならばこの甘さもアリか。さすがに3つ、4つと食べてお腹がいっぱいになってきた。岡山女はホルソバだけ、豚カツだけ引っ張り出す。抜け殻と化したバンズは鳥取男に押し付ける。せっかくバーガーにしている作り手の努力を無にしちゃっているような。5個を2人で食べ切ったのに、ユウさんは言った。「何か食べた気しないなぁ」。すまんよ…。

プロフィール

多田 千香子(ただ・ちかこ)

おやつ記者。1970年、岡山生まれ。岡山大学法学部卒。朝日新聞記者として12年余、新潟・福山・大阪・福岡で働く。2005年、フリー。パリ製菓留学をへてアトリエ「おやつ新報」主宰。

著書としてレシピ&おはなし集「おやつ新報へ、ようこそ。」(エンターブレイン、税込1680円)、パリ滞在をつづったエッセー「パリ砂糖漬けの日々」(文藝春秋、税込1800円)が発売中です。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

おいしいパンもおとりよせ!(9/20)

冷凍技術と宅配の進歩で、今やパンもネットで買う時代。パンが好きだけど、おいしいパン屋さんが近くになくて…とお悩みの方は、作りたてに負けないほど風味豊かな、おとりよせパンを試してみてはいかが? 今回はお得なセットものを中心にピックアップ!

写真

人気店のつけめんを自宅で!(9/13)

衰えることを知らないつけめんブーム。あっさり味から超濃厚味まで、さまざまな個性を競い合っているが、各地の店舗を訪れて食べ比べるのはなかなか大変だ。そこで、店舗の味を家庭でも楽しめるお取り寄せつけめんをご紹介。長い行列に並ぶことなく、家庭で手軽に楽しもう!