現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. コラム
  5. ワイン・シーズンを美味しく愉しむ
  6. 記事

ワイン・シーズンを美味しく愉しむ

鴨のラベルと2巨匠の肖像画ラベル〈カリフォルニア・ナパ編〉

2009年11月16日

  • 筆者 青木冨美子

写真“鴨”がトレードマークの『ダックホーン・ヴィンヤーズ』写真ランチョンに登場したソーヴィニヨン・ブラン(右)とピノ・ノワール写真マーガレットさんの丁寧なワイン解説。右後方には鴨のデコイ(狩猟で用いる鳥の置物)が!写真オーパスワンの1年目の樽熟成庫、その数1000個!写真前方に見えるマヤカマス山脈と植樹したカベルネ・ソーヴィニヨン写真オーパスワンの最新ヴィンテージ2006年は芳醇なワイン!

 11月第一週目に訪問したナパではぶどうの収穫もほぼ終わり、仕込み作業に入っていました。10月13日に日本経由の台風が襲来し、かなりの大雨を降らせたようですが、すさまじい降雨の前に収穫を済ませていたワイナリーとそうでないところでは、2009年ヴィンテージに差が出そうです。

■オバマ大統領の就任式昼食会に登場したワイン

 さて、この13日と14日にはアメリカのバラク・オバマ第44代大統領が初来日し、カリスマ性のある演説で多くの人を魅了していましたね。そのオバマ氏がワシントンで大統領の就任演説を行ったのは今年1月20日のことです。そして、就任式の昼食会に登場していたのが、ナパにあるダッグホーン・ヴィンヤーズの白ワイン『ソーヴィニヨン・ブラン2007』と赤ワイン『ゴールデンアイ ピノ・ノワール2005』でした。

 ダックホーンの創設者のおひとりマーガレット・ダックホーン女史にランチョンに使用されることになった経緯を伺ってみたところ、「式次第の仕切り役である上院議員のダイアン・ファインシュタイン女史、彼女はかつてサンフランシスコ市長もしていた人ですが、ある日、ソーヴィニヨン・ブランとピノを使うことになったという連絡をもらいました。別にロビー活動はしていませんでしたが、私がワイン・インスティテュートの会長職(2009年6月退任)だったことが影響しているかもしれません。メニューについてはシェフや議員たちが試食をしていたはずです」と。

■すべてのラベルに鴨が!

 ダックホーン・ヴィンヤーズは現在3つのプロジェクトを有しており、各ラベルにファミリー・ネーム由来の“鴨(ダック)”が登場しています。1976年に創業した『ダックホーン』はメルロ主体のワインを生産しており、1羽の鴨を使っています。1994年にスタートした『パラダックス』は、アメリカの固有品種ジンファンデルとカベルネが中心。ラベルはハンターに渡される切手のような形の認可証を模したもので、毎年異なるデザイナーがつがいの鴨を描いています。そして、1997年創業の『ゴールデンアイ』はアンダーソン・ヴァレーにあり、ピノ・ノワールを生産しています。ここでは名前通り、金色の目をしたゴールデンアイ(和名ホオジロガモ)がモデルになっています。

 オバマ大統領の昼食会直後、ネット上で2本のワインをセットにして販売したところ、凄いヒット数であっという間に完売してしまったそうです。「世界中からアクセスがありましたが、特に日本と韓国が多かったのには驚きました」とマーガレットさん。アジア圏は、このような動きには敏感ですね。ご参考までに、輸入元である中川ワイン販売(株)が提供してくださったランチョンメニューを末尾に記しておきます。セカンドコースに“鴨”が出ているのも面白いです。

■モンダヴィと男爵は永久に不滅

 ナパの29号線を走行していて、ひときわ輝いてみえるワイナリーといえばオーパスワンです。1979年にフランスのシャトー・ムートン・ロートシルトのバロン・フィリップ・ド・ロートシルトとアメリカのロバート・モンダヴィとのジョイントベンチャーによって誕生し、ラベルには2大巨匠の横顔が描かれています。ともに故人となってしまいましたが、ラベルの中のおふたりは永久に不滅です。

 ロバート・モンダヴィ社は2004年にコンステレーション・ブランズに買収されたので、現在はロバート・サンズCEO率いるサンズ・ファミリーが仕切っています。そのような中にあってもオーパスワンは独自性を保っています。これはシャトー・ムートン・ロートシルトの当主フィリピーヌ・ド・ロートシルト男爵夫人の“継続性を大事にしたい”との考えを重視したものです。

■シラッチスタイルの最新ヴィンテージ2006年

 久々の訪問で気付いた変化はぶどう樹の植え替えでした。整地のために更地にしていたワイナリー前の畑にカベルネ・ソーヴィニヨンが植樹されていましたが、2001年からワインメーカーとして活躍しているマイケル・シラッチ氏の決断で剪定法を従来のコルドン式からギヨ式(※)に変えたそうです。2007年に来日した時、シラッチ氏は「偉大なぶどうを造るには剪定が大事」と語っていましたが、地道な作業から得た結論なのでしょう。当日案内をしてくださった広報の康子キャドビーさんは「今後25年くらいかけて畑の改善をしていきますが、このような判断もオーパスワン独自の方針で進めています」と説明していました。

 シラッチ氏が手がけた6回目のワインであり、1979年の初リリースから数えて28番目のヴィンテージとなる2006年は……粘性があり、樽由来のヴァニラやココア、甘草やスパイス、果実味もたっぷりあります。タンニン豊かでありながらキメは細やか。口中での余韻も長いです。シラッチスタイルの出ている2006年! 再度トライしてみたいワインだと思いました。

 わずか23時間の日本滞在だったオバマ大統領は「神戸ビーフとマグロが食べたい」というリクエストをしていたようですね。東京は世界一のグルメ都市、17日には『ミシュランガイド東京2010』の発表もあります。次回はナパと東京の星付きレストランを比べてみましょうか。

※ジュール・ギヨ博士が出版した著書をきっかけにフランス全土に広まった長梢と短梢の組み合わせによる剪定法。剪定で残す芽次第でぶどうの品質にも違いが出る。

〈関連情報〉

ダックホーン

ゴールデンアイ

オーパスワン

【お薦めワイン】

  • ダックホーン ナパ・ヴァレー ソーヴィニヨン・ブラン
  • ダックホーン ナパ・ヴァレー メルロ
  • パラダックス ナパ・ヴァレー レッド・ワイン
  • ゴールデンアイ ピノ・ノワール
  • オーパスワン 2006

【オバマ大統領就任式昼食会のメニュー】

2009 Inaugural Luncheon Menu

<First Course>

 Seafood Stew

 2007 Duckhorn Vineyards Napa Valley Sauvignon Blanc

<Second Course>

 A Brace of American Birds (pheasant and duck)

 Sour Cherry Chutney and Molasses Sweet Potatoes

 2005 Goldeneye Anderson Valley Pinot Noir

<Third Course>

 Apple Cinnamon Sponge Cake & Sweet Cream Glace

 Korbel "Special Inaugural Cuvee"

プロフィール

青木冨美子(あおき・ふみこ)

NHK、洋酒メーカーを経て、現在フリーランス・ワインジャーナリスト
2009年5月シャンパーニュ騎士団「シュヴァリエ」受章
ワイン本の執筆や監修、企業向けのワイン講師。『昭和女子大学オープンカレッジ』、『ホテルオークラ ワインアカデミー』専任講師
1999年3月から2006年3月まで(社)日本ソムリエ協会理事。2003年3月から2009年3月まで、機関誌『Sommelier』の3代目編集長として活動。
著書に『おいしい映画でワイン・レッスン(講談社)』、執筆協力『ワインの事典(柴田書店)』、監修『今日にぴったりのワイン(ナツメ社)』など。2008年11月にリリースした『映画でワイン・レッスン(エイ出版社)』好評発売中!

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。

フード・ドリンク

写真

専門店のこだわりラーメンを手軽にお取り寄せ(11/10)

街で人気の行列ラーメン。一度は味わってはみたいものの、遠方だったり長蛇の列にくじけてしまったり…という経験がある人も少なくないのでは? そこで、今回は人気店が発売しているお取り寄せラーメンをご紹介しよう。寒空の下で並んだりせずに、名店の味を家庭で手軽に楽しめるのが大きな魅力だ。

写真

ゆっくり楽しむ大人の梅酒(11/3)

地酒というと日本酒やビールが思い浮かぶが、最近は「地酒」ならぬ「地梅酒」も人気。梅の産地や熟成度にこだわり、糖分や水を厳選。日本酒やブランデーをベースに使ったりと、各メーカーが趣向を凝らした逸品ばかりだ。食前・食後にくつろぎながら、ゆっくり味の違いを楽しんでみたい。