現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. 季節のおいしいコラム
  5. それゆけ!じゃぱに〜ずクッキング♪
  6. 記事
 はじめまして。ぼく鯛の鯛です。鯛の胸びれの付け根あたりにある骨です。よろしく〜。
 突然ですが、みなさんは自分の生まれ育った国についてどのくらい知っていますか? 小学生でも英語を勉強する時代、外国人と接する機会はどんどん増えます。おいしい食べ物は万国共通! 簡単な料理を紹介するだけで、言葉の壁を越え、相手との距離がぐんと縮まるきっかけになるかも!
 ここでは、日本料理のあんなこと、こんなこと、辻調の先生たちにオモシロイ情報を語ってもらいましょう。

フランスで日本料理……豚肉の生姜焼き編

2010年9月3日

 豚肉の生姜焼きって、ご飯のおかずにはもってこいの料理ですよね。豚肉タップリで玉ねぎやピーマンも炒めて、ポテトサラダも添えて、きわめつけはせん切りキャベツ!生姜焼きのタレがキャベツにからむと最高です。このコラボレーションはうまく豚肉のおいしさを引き出してくれますね。

 生姜焼きの肉は豚肉の中でもロース肉が一般的です。またその肉は、薄切りであったり、ステーキのような厚切りであったり、好みが分かれます。薄切りの肉は日本では普通に量販店で売られていて、当たり前のように使っていますが、フランスでは売ってないのです!

 以前フランス大使館で勤務したことがあるのですが、その時、大使に豚肉の生姜焼きを作ってさしあげようと思い立ち、近所のスーパーマーケットに行きました。でも、売っている豚肉は固まり肉かミンチばかりで、薄切りがありませんでした。仕方なく固まり肉を購入して包丁で薄切りにしました。包丁で肉を薄切りにするのは難儀します。肉そのものがグニュグニョ動いて厚みが定まらないからです。それ以来、フランスでは生姜焼きを封印しました。もちろん帰国後は封印を解除し、お弁当に入れるなどして作っています。

 この料理の味つけはシンプルにするならば、濃口醤油・みりん・日本酒・おろし生姜を甘辛い味に調節し、フライパンでからめるように炒めればよいだけです。およその割合は、濃口醤油1:みりん1:日本酒1に、おろし生姜適量です。甘口が好みであれば砂糖を少し入れ、ピリカラが好きであれば一味唐辛子やカレー粉などを加えます。また、まろやかな味にしたいなら、出来上がる直前に卵黄を入れて余熱で火を通すようなイメージでからめるといいですよ。

 それと、最後に一言!皆さんは豚肉の生姜焼きにマヨネーズはかけますか?私は、かけます!

辻調グループ校50周年

2010年、辻調グループ校は50周年を迎えます。
辻調グループ校は、卒業生約12万人の実績を誇る「料理と製菓のプロを育てる総合教育機関」です。大阪、東京、フランスに14の学校があります。
*本物を学ぶ。<辻調・辻製菓の別科・通信教育講座>
*料理がわかると、もっと美味しい!<料理検定>

小谷 良孝(KOTANI YOSHITAKA)

写真

辻調グループ校 日本料理教授。在タイ経験が長いので、タイ語での日常会話はできますが、正式に勉強したわけではありません。仕事上どうしても必要に迫られた上で覚えた小谷流なので、読み書きはできません。タイにいたおかげで、辛い料理は得意です。タイ料理はじめいろんな香辛料を使った料理が大好きです。

(特徴)体型・丸い、人相・こわい、音声・大きく甲高い、手足指・太短い、性格・喜怒哀楽が激しい

松島 愛(MATSUSHIMA AI)

写真

辻調理師専門学校卒業後辻調グループ校職員に。日本料理担当。笑顔の素敵な先生です。レシピ担当。料理撮影中、先生方が熱心なあまりに心に余裕がなくなった時、愛スマイルでその場を和ませてくれます。

(趣味)食べ歩き
(特技)食べ歩きをいかして、現在エコール・辻・大阪でみんなが喜ぶおいしい和のスイーツを考えています

橋本 宣勝 (HASHIMOTO NOBUKATSU)

写真

辻調グループ校 日本料理教授。在フランス・パリOECD(経済協力開発機構)大使館へ出向。北京「新世紀飯店」で技術指導。好きな食べ物……すし・粉もん。自他共に認める「マヨラー」。食材を見ると、すぐに新しい料理を思いつける特技の持ち主です。純然たる日本料理から家庭料理、B級グルメまで、活躍範囲は幅広いです。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。

フード・ドリンク

写真

暑い夏に楽しみたい、うまみたっぷりのあつあつカレー!(8/24)

暑い夏に食べたくなるのは、やっぱりカレー。激辛タイプだけが注目されがちだが、うまみの効いたマイルドタイプのファンも多いはず。そこで、辛さではなくうまみに注目して選んだ味わい深いカレーをラインアップ。強い辛さが苦手な人に、ぜひ味わってほしい。

写真

夏バテも吹き飛ぶ!?すっぱいドリンク(8/17)

そろそろ夏バテもピークのころ。そこで気分をスッキリとさせてくれる、さわやかな酸味のドリンクをご紹介。近頃人気の「飲む酢」をはじめ、果実の風味を楽しみながら美容と健康を増進してくれるドリンクが勢ぞろい。豊富に含まれたクエン酸やビタミン類が、疲れた体をリフレッシュしてくれるそう。