現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. 季節のおいしいコラム
  5. それゆけ!じゃぱに〜ずクッキング♪
  6. 記事
 はじめまして。ぼく鯛の鯛です。鯛の胸びれの付け根あたりにある骨です。よろしく〜。
 突然ですが、みなさんは自分の生まれ育った国についてどのくらい知っていますか? 小学生でも英語を勉強する時代、外国人と接する機会はどんどん増えます。おいしい食べ物は万国共通! 簡単な料理を紹介するだけで、言葉の壁を越え、相手との距離がぐんと縮まるきっかけになるかも!
 ここでは、日本料理のあんなこと、こんなこと、辻調の先生たちにオモシロイ情報を語ってもらいましょう。

甘酒で日本料理

2011年2月4日

 甘酒は昔の栄養ドリンク ファイト、イッパ〜ツ!!

 皆さんは甘酒を飲んだことがありますか?若い人の中には飲んだことがないという人がいるのではないでしょうか?

 甘酒が飲まれるようになったのは歴史的にはとても古く、「一夜酒」という呼び名で飲まれていました。江戸時代頃になると、夏バテ防止によいとされ、栄養ドリンクのように飲まれたようです。事実、成分を調べると、病気の時に打つ点滴とよく似た成分が含まれていて、夏の暑さから身を守ったらしいです。昔の人は米と麹で発酵させることで、点滴のような栄養成分を作り出せると経験的に知っていたとはすごいですね。

 ここまで書くとお分かりだと思いますが、昔は夏の飲み物で、面白いことに甘酒を俳句の季語で検索すると「夏」です。今では温めて飲むことから冬の飲み物のようなイメージがありますが、昔の人は今とは違ったようです。

 さて、ここまで話した甘酒は「米と麹」を使って発酵させて作るものですが、他に「酒かす」で簡単に作るものがあります。こちらは、酒かすを水で溶きのばして砂糖を加えて火にかけ、酒かすに含まれているアルコール分を抜くようにじっくり煮込めば出来上がりです。好みで生姜を少し入れると風味がよくなります。

 小さい頃、砂糖を多めに入れて作ったこの甘酒が好きで、よく飲んでいたのを覚えています。しかし同じ酒かすを使った料理でも「かす汁」は大嫌いでした。子供にはあの酒かすのニオイと味が馴染めず、母親が作っている姿を見ると「なんであんな不味いものを作るんや」と心底思っていました。なのに甘酒となるといくらでも飲めるのは、わがままなのか?甘いから子供うけしやすいのか?いずれにせよ甘酒は大好きです。ちなみにかす汁は今では大好きになりました。大人になると嗜好が変わるんですね。

 

 このコラムを読んでくださっている皆さまへ

 疲れたときは甘酒を飲んでください。体にやさしいし、栄養はあるし、元気になるし、いいことずくめです。飲んだことがない人も一度飲んでみてください。寒い季節は芯からあったまりますよ!

辻調グループ校50周年

 辻調グループ校は、卒業生約12万人の実績を誇る「料理と製菓のプロを育てる総合教育機関」です。 大阪、東京、フランスに14の学校があります。
*本物を学ぶ。<辻調・辻製菓の別科・通信教育講座>
*料理がわかると、もっと美味しい!<料理検定>

小谷 良孝(KOTANI YOSHITAKA)

写真

辻調グループ校 日本料理教授。在タイ経験が長いので、タイ語での日常会話はできますが、正式に勉強したわけではありません。仕事上どうしても必要に迫られた上で覚えた小谷流なので、読み書きはできません。タイにいたおかげで、辛い料理は得意です。タイ料理はじめいろんな香辛料を使った料理が大好きです。

(特徴)体型・丸い、人相・こわい、音声・大きく甲高い、手足指・太短い、性格・喜怒哀楽が激しい

松島 愛(MATSUSHIMA AI)

写真

辻調理師専門学校卒業後辻調グループ校職員に。日本料理担当。笑顔の素敵な先生です。レシピ担当。料理撮影中、先生方が熱心なあまりに心に余裕がなくなった時、愛スマイルでその場を和ませてくれます。

(趣味)食べ歩き
(特技)食べ歩きをいかして、現在エコール・辻・大阪でみんなが喜ぶおいしい和のスイーツを考えています

橋本 宣勝 (HASHIMOTO NOBUKATSU)

写真

辻調グループ校 日本料理教授。在フランス・パリOECD(経済協力開発機構)大使館へ出向。北京「新世紀飯店」で技術指導。好きな食べ物……すし・粉もん。自他共に認める「マヨラー」。食材を見ると、すぐに新しい料理を思いつける特技の持ち主です。純然たる日本料理から家庭料理、B級グルメまで、活躍範囲は幅広いです。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。
  • ポンパレ

フード・ドリンク

写真

伝統の豊かな香りと、ほろ苦い味わい。人気の抹茶スイーツ(2/1)

その香り高さと深い味わいで、日本をはじめ世界の人をもトリコにしている抹茶。その抹茶をふんだんに使ったスイーツは、コンビニやカフェでも高い人気を誇っている。そこで今回はワンランク上のお取り寄せ抹茶スイーツをご紹介。和の心が詰まった味わいに癒やされてみてはいかが?

写真

クセになる!ひと味違うアツアツ鍋(1/25)

冬の味覚といえば、やっぱり鍋。でも自宅鍋はワンパターンになりがちで、飽きてしまうことも。そこで今回は、お取り寄せで楽しむひと味違う変わりダネ鍋をご紹介。話題のトマト鍋や郷土色豊かな地方鍋など、新しい味にチャレンジしてみては?