現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. 季節のおいしいコラム
  5. 菓子まし娘のお菓子講座
  6. 記事

「作るのが好き、たべるのは大好き、そしておしゃべりも大好き」という三人娘が、楽しくおしゃべりしながら、お菓子作りの秘訣を伝授。さても女三人寄ればかしましい?いえいえ、「菓子まし娘」はどんどんお菓子が増えていくという意味もこめて「菓子・増し」なのです!基礎からはじめて、作り方をくわしく解説していますから、お菓子作りがはじめてという人でも安心してチャレンジしてください。

菓子まし娘のシフォンケーキよもやま話

G:今回のお菓子はね、シフォンケーキなの。シフォンケーキといえば粉、卵、砂糖、油…と、材料は安いものばかり。今回は、香りづけにレモンを使ったけれど、オレンジなんかでもいいですよ。ヴァリエーションを増やそうかな〜とただいま勉強中!!フランス菓子じゃないし、普段はなかなか作る機会も少ないし。

Y:シフォンケーキって難しくないですか?勝手にそんなイメージで。しわしわしぼみそうなので、大きなシフォン型では焼いたことがありません。でも、私も型を用意して作ってみますね。

P:実は私も作ったことないので、この機会に作ってみます!何に気をつけて作ったらいいんでしょうか?泡立ての状態とか、焼き上がりのポイントとか……教えてください!

G:みんなもあまり作らないんだ! 本やインターネットを見ると色々な作り方や配合があるようです。メレンゲの泡立ての状態も、しっかり立てたり、少し柔らかい状態だったり、「できるだけ自然な材料で」というのにこだわってベーキングパウダーを使わなかったり。まあ、まずは作って食べてみて自分の好みでいいと思う。

P:作り方をじっくり読んでみます!

G:生地は、卵黄に材料を混ぜて後はメレンゲと合わせるだけだから難しくないんだけど。って、簡単に言ってるけど、たまに大きな穴ができることがあるんだよ。何が原因だと思う?それに型から外すのがほんとに苦手!

Y:型からはずすのはゆっくりていねいに!!なんですよね。私やったことがないんだけど他にコツってあるのかなぁ……穴があく!? しわしわになるイメージは分かるけど…何ででしょう…水分が上手く抜けずに重くてしわしわ?凹む????

G:穴が空くのはメレンゲがしっかり混ざっていなかったりするとそうなるみたい。型からはずすのは、まずよーく冷ましてから。刃が薄くてよくしなるナイフを使うといいかも。専用の「シフォンナイフ」もあるよ!ナイフで型を押し付けるように上下に動かしてね。あわてたらだめ。ナイフが、型にしっかりくっついているかどうか確認して……。

P:ん……なんか難しそうですね。

G:側面を傷つけただけなら、柔らかく泡立てた生クリームでコーティングしてしまえばいいんだよ!作り慣れないから余計に難しく感じるのかも。これに限らずまだまだお菓子を勉強しないとね。

辻調グループ校

辻調グループ校って?辻調グループは、卒業生11万人の実績を誇る「料理と製菓のプロを育てる総合教育機関」です。大阪、東京、フランスに12の学校があります。
本物を学ぶ。辻調・辻製菓の別科・通信教育講座も受講生募集中!

菓子まし娘 プロフィール

写真

古村 亨子(KOMURA KYOKO)

辻調グループ校洋菓子助教授。辻製菓専門学校卒業後、辻調グループ校に入職。辻製菓専門学校、フランス校(リヨン)、エコール 辻 東京で生徒の指導にあたる。粉や卵が段々お菓子に変化していくのが好きです!共著に『菓子まし娘のお菓子講座』(幻冬舎)、『お菓子の学校』(学習研究社)シリーズがある。

瀬戸山 知恵美(SETOYAMA CHIEMI)

辻調グループ校洋菓子助教授。辻製菓専門学校卒業後、辻調グループ校に入職。辻製菓専門学校、フランス校、辻製菓技術研究所で生徒の指導にあたる。フランス校勤務中には、アルザス地方のパティスリージャックで研修。旅が好きで、特にフランスは何度も訪れている。

鈴木 麻紀(SUZUKI MAKI)

辻調グループ校洋菓子助教授。辻製菓専門学校、辻製菓技術研究所を卒業。辻調グループ校に入職。辻製菓専門学校、フランス校で生徒の指導にあたる。パリのピエール・エルメで研修経験あり。おいしいものを食べることが大好き!!

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 我が家のお弁当じまん、投稿募集中!

フード・ドリンク

写真

話題の横浜ご当地スイーツ(5/12)

開港150周年の記念イベントが開催され、何かと話題が多いホットな横浜。そんな横浜から人気のスイーツをピックアップ。楽天でも大人気の洋菓子や、しにせのこだわりカステラ、中華街名物の月餅(げっぺい)など、逸品のご当地スイーツを楽しもう。

写真

気になるこだわり漬物をおとりよせ(5/5)

ご飯のお供や酒のつまみに、常備していると何かと助かるお漬物。スーパーで手軽に買えるものもいいけれど、たまには地方ならではの漬物やこだわりの逸品で、いつもの食卓にちょっと変化を出してみては?