現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. 季節のおいしいコラム
  5. おやつ!おかし!和菓子!
  6. 記事

「2人とも、お菓子作るよ!何食べたい?」というS和菓子助教授の言葉に誘われて、何気なく写真撮りを始めた和菓子班 加納みどりと立嶋穣。実は自分たちのつくったお菓子がホームページにのるなんて、夢にも思っていませんでした。そんなこんなで始まった、楽しい和菓子コラムをどうぞお楽しみください!

まめ大福

立嶋:「いちご大福に引き続き、お正月の余ったお餅を使って、まめ大福を作りましょうか」

加納:「しかし、大福って、よく考えるとすごい名前だと思わない?」

立嶋:「先生、また由来とか調べたんですか?豆知識大好きっすよね」

加納:「聞きたい?」

立嶋:「言いたいんでしょ」

加納:「うん。言いたい!餡を薄い餅で包んだ姿がうずらに似ている→うずらのお腹が丸い→腹太餅→大腹餅→大福餅となったんだって!」

立嶋:「先生の豆知識はさておき、まめ大福は、豆の塩加減と、餡の甘さの絶妙なバランスが大事です」

加納:「うん、うん、あんなに大きな大福をペロリと食べてしまえるのは、甘さとしょっぱさをうまく兼ね揃えているからだね」

立嶋:「今回は、赤えんどう豆を使って作ってますが、金時豆や黒豆を使っても違った食感でおいしくできますよね」

加納:「赤えんどう豆の塩漬けは缶詰もあるし、ぜひ、お家で挑戦して欲しいなぁ。いちごも用意して、いちご大福とまめ大福を両方作って、大福パーティーってどう?」

立嶋:「僕も口の周りに粉いっぱいつけて大福をがっつきたいっす!(^_^)V ところで、加納先生は、家でお菓子作りますか?料理は?」

加納:「……(;>_<;)」

辻調グループ校50周年

2010年、辻調グループ校は50周年を迎えます。
辻調グループ校は、卒業生約12万人の実績を誇る「料理と製菓のプロを育てる総合教育機関」です。大阪、東京、フランスに14の学校があります。
*本物を学ぶ。<辻調・辻製菓の別科・通信教育講座>
*料理がわかると、もっと美味しい!<料理検定>

加納 みどり(KANOU MIDORI)

写真

辻調グループ校 和菓子助教授 1994年辻製菓専門学校卒業。高校卒業後、3年1カ月国家公務員を務める。製菓学校卒業後職員に。

<好物> 散らし寿司・白和え・セロリ・お酒

<趣味> バイク・キャンプ・剣道

立嶋 穣(TATESHIMA MINORU)

写真

辻調グループ校 和菓子助教授 1993年辻製菓専門学校卒業。1994〜95年 和菓子屋勤務。その後職員に。

<好物> カラメルがたっぷりかかったプリンには目がありません。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。

フード・ドリンク

写真

ネットで人気の低カロリー食品(2/16)

最近ちょっと太ったかなと感じている人や、ダイエットを健康的にしようと決心した人におすすめなのが低カロリー食品。こんにゃくを主原料にした食品や脂肪燃焼系の激辛食品などを毎日の食事に取り入れてみよう。ちょっとお腹がすいた時のおやつや夜食にもおすすめ。

写真

バレンタインにもおすすめ、甘酸っぱいイチゴスイーツ(2/9)

春の香りを届けてくれるフルーツ、イチゴ。見た目の可愛らしさ、香りの良さ、上品な甘酸っぱさで、子供から大人まで幅広く人気がある果物だ。今回は、そんなイチゴを使った個性的なスイーツをご紹介。ミルク、チョコレート、餡などとの絶妙なコラボを堪能しよう。バレンタインの贈り物にもおすすめだ。