現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. 教えてランチ
  5. 記事

教えてランチ
教 え て ラ ン チ

〈教えてランチ〉野菜グツグツ、ヘルシーな「紙やき」

2008年4月3日

  • 東京・日本橋 紙やきホルモサ

写真これが「紙やき」写真グツグツ グツグツ写真食卓全景。左隅のつぼに入っているのは、トウバンジャン写真サラダ菜で肉を巻くのもおいしい写真ごちそうさまでした

 読者からの情報をもとに取材、紹介する「教えてランチ」です。(アサヒ・コム編集部)

 「看板が目立つ店。以前から気になっていたのですが、今回思い切ってランチ時に入店しました。先客がみんな食べていたのは『紙やき マトン鍋』。みそをベースにした少し甘めの味付けですが羊くささはまったくなし。もやしなど野菜もいれた鍋でくせになりそうな味でした」(千葉県・サーシャさん)

 東京・日本橋のすぐ隣。江戸橋のそばにある店に入ると、すべての席にコンロが置いてあった。ランチは「紙やき」だけ。さっそく注文した。

 コンロの上に鉄製のザル、さらにその上に和紙が敷かれ、鍋の代わりになっている。中には、羊肉のマトンのほか、チンゲン菜、にんじん、ネギなどが、ミソのような、どろりとしたタレにつかっている。

 火をつけて3分。グツグツいいはじめたところで、店員さんがスプーンとはしでかき混ぜてくれた。客がやると紙を破ってしまうことがあるので、食べ始めるまでは、店員にお任せだそうだ。

 数分後。肉の色が変わってきた。野菜もしなってきたところで、できあがり。

 マトンをほおばる。驚いた。なんとも不思議な甘みのあるタレだ。

 「タレは野菜や果物をペースト状に煮たものに、28種類のスパイスを加えてます。作り方はずっと秘密です」と、店員の桜井貴朗さん。見た目はみそだが、みそは全く入っていないのだという。

 肉は軟らかく、いわゆる「羊の臭み」はほとんど感じられない。サラダ菜でまくと、さらにまろやかな味。いくらでも食べられそうだ。

 食べ終わる頃には、少し汗が出てきた。

 野菜をたっぷり食べることができた。「そうなんです。野菜中心なので、鍋だけだと300キロカロリーしかないんです。羊肉はヘルシーですので、二重にオススメできます」(桜井さん)

 この店は、桜井さんの祖父母が、約40年前に開店。以来、ずっと「紙やき」一筋でやっているそうだ。

 「紙を焼いて、燃えないのかと聞かれますが、タレがあるうちは、大丈夫なんですよ」(桜井さん)

 紙はちょっと厚めの和紙を仕入れて、店で油を塗って、強度を上げているという。この油の塗りつけが、タレの仕込みと合わせて、毎日の日課になっているそうだ。

 

【メニュー】紙やき(マトン)950円。夜は、ラムの紙やきや一品料理も(別料金)。
【お店情報】東京都中央区日本橋本町1の10の2近甚ビル1F 電話=03・3272・1191 営業時間 ランチ11:00〜13:00 ディナー17:00〜22:00ラストオーダー 休日=土日祝日(土曜日はランチのみ開店) 喫煙=可

ランチ募集

ランチのクチコミ募集中!

首都圏にあるおすすめのランチのお店を教えて下さい。投稿をもとに、編集部が取材します。抽選でアサヒ・コムのオリジナルグッズをプレゼントします。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

フード・ドリンク

写真

おとりよせで楽しむこだわりの漬け物(06/03)

ご飯のお供にうれしい漬け物。心がほっとする手作り品や豪華なセットなど、こだわりの一品を取り寄せよう。

写真

つけめん、そば、うどんなど夏のめん類!(05/27)

熱々のスープで楽しむめん類もいいけれど、これからの季節はサッパリした冷たいめんを楽しみたい!