現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 食と料理
  4. レシピ
  5. 記事
検索フォーム

魚介のチゲ

調理時間
大分類
魚料理
小分類
タラの切り身、カキ、白菜、シメジ、木綿豆腐、ニラ、ネギ、ショウガ、ニンニク
カロリー(一人分)
294キロカロリー
塩分
3.9グラム

写真魚介のチゲ 撮影・大山克巳

( 2人前 )

材料

タラの切り身
2切れ
カキ
200グラム
白菜
3枚
シメジ
1パック
木綿豆腐
3分の1丁
ニラ
半束
ネギ
1と4分の1本
ショウガ
半片
ニンニク
半片
ゴマ油
大さじ半分〜1
鶏ガラスープ
2〜3カップ
みそ
大さじ1
コチュジャン
大さじ4分の3
しょうゆ
大さじ半分

作り方

(1)タラは1切れを2、3切れのそぎ切りにする。カキは塩水の中でふり洗いし、ざるに上げ、水気をふいておく。シメジは石づきを取り、小房に分ける。豆腐を厚さ2センチの角切りにする。白菜は葉と軸に分け、葉をざく切りに、軸を2、3センチ幅のそぎ切りにする。ニラは5センチに、ネギは1本分だけ太めの斜め切りにする。

(2)ネギ4分の1本分、ショウガ、ニンニクをみじん切りにする。

(3)鍋を熱してゴマ油をなじませ、みじん切りにしたネギ、ショウガ、ニンニクを弱火でいため、香りを出す。鶏ガラスープを加えて煮立て、みそ、コチュジャンを溶き入れ、しょうゆを加える。

(4)白菜の軸を鍋に入れる。軸が煮えたら、ほかの具も加えて煮る。

魚介のチゲ

 韓国の鍋物「チゲ」。キムチや豆腐を具にしたものは、家でも外食でも、おなじみですね。

 料理研究家の高城順子さんが紹介するのは、これから旬の海の幸、タラとカキが主役の「魚介のチゲ」です。

 唐辛子の赤い色が目を引きますが、辛いばかりではありません。とりどりの野菜や魚介の味が混じり合ったスープは、体にしみこむおいしさ。食べ進むほどに、芯から温まります。

 作り方のポイントは、最初にゴマ油で香味野菜を炒(いた)めることです。じっくり火を通し、いい香りが出たらスープをジュッ、と加えます。

 「炒めることで、コクのあるいいダシが、手早くできるんです」と高城さん。

 味のベースは、甘辛い唐辛子みそ、コチュジャンです。「日本のみそとしょうゆも加えると、親しみやすい味になりますよ」。コチュジャンがない時は、その分、みその分量を増やし、粉唐辛子を加えればいいそうです。

 「キムチチゲ」を作る際のコツも教わりました。

 キムチは漬け汁を絞り、さっとゴマ油で炒めると、うまみが増します。豚肉や牛肉を入れるなら、一緒に炒めてから煮込みます。漬け汁は、味を見て、おいしいようだったら、加えるといいでしょう。

 韓国では、肉はもちろん、イシモチやタイといった魚や貝、野菜、イモなど、あらゆる食材をチゲに仕立てます。鍋物といっても、あらかじめ煮て食卓に運ぶ、具だくさんの汁のような存在です。

 今回は材料をたっぷり用意しますから、いっぺんに鍋に入れなくても、かまいません。煮ながら食べたり、2回に分けて作ったり、お好みで。

◇栄養ワンポイント

 脂質の少ないタラ、鉄分などミネラルが豊富なカキに加え、野菜もたっぷりとれるヘルシーな料理。鍋物は、栄養をつけて免疫力を上げるのにぴったりで、体も温まる。冬に向けて、どんどん食べてほしい。

 献立例=キュウリのショウガあえ、ミカンの寒天よせ、ごはん(管理栄養士・宗像伸子)

     ◇

 「おかず100選」が「ていねいなおかず」の書名で、朝日新聞出版から本になりました。

 「ショウガ焼きをやわらかく仕上げるには」「水っぽくならない炒めものは」など、日頃の調理のお悩みに答える、納得のひと手間を紹介。「新ジャガの煮ころがし」や「ハンバーグ」など50回分を掲載しています。 キッチンで読みやすいように文字は大きめに、ページを開くとパタンと閉じにくい製本にしています。お手元に置いて、毎日の食事づくりに役立てていただければ幸いです。1365円=税込み。全国の書店、ASAでお買い求めいただけます。

旬なお取り寄せ

ガツンと来る力強さと南国沖縄らしい味と香りで、人気の泡盛。小さな醸造元が多いため、一般の酒屋では手………

チーズケーキ大好き! でも、ちょっとやそっとでは満足できない、というアナタにおすすめしたいのが、お………

特集 by 楽天市場

全国各地から旬のグルメが続々登場

贈って喜ばれるセンス溢れるスイーツが満載

日本全国からこだわり焼酎が大集合

料理の味がしまる極めつけの塩を探そう

検索フォーム

おすすめ情報 by 楽天市場

■フード・ドリンクジャンル人気ランキング■

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
  • 大人のためのグルメガイド 豊富な店舗情報やたくさんの料理写真で行きたいお店がよくわかる。

フード・ドリンク

写真

気分は南国!個性あふれる人気の泡盛を味わってみよう(3/16)

ガツンと来る力強さと南国沖縄らしい味と香りで、人気の泡盛。小さな醸造元が多いため、一般の酒屋では手に入りにくい銘柄も多いが、ネットショップなら気軽に探せてよりどりみどり。あなたは人気の古酒を選ぶ? それとも知る人ぞ知る隠れた銘酒を探し出す?

写真

絶品!こだわりチーズケーキ(3/8)

チーズケーキ大好き! でも、ちょっとやそっとでは満足できない、というアナタにおすすめしたいのが、お取り寄せで楽しむちょっとぜいたくなこだわりチーズケーキ。厳選した素材を使った極上チーズケーキや、牧場生まれのチーズケーキなど、ネット上には全国の名店がずらりと勢ぞろい。まずはどれから試してみる?