english

ここから本文エリア

このサイトについて about this site

はじめに

「広島・長崎の記憶〜被爆者からのメッセージ」は、被爆者のみなさんから寄せられたメッセージ(手記)や、被爆者の思いを伝える記事などを収録しているウェブサイトです。被爆者のメッセージを発信することで、核兵器廃絶への機運を高めることができればと、2010年11月に開設しました。被爆者のつづる被爆の実相や核兵器廃絶への願いに、ぜひ目を通してみてください。

 「広島の声」「長崎の声」は、朝日新聞社が日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)や広島、長崎両大学の協力を得て2005年に実施し、1万3千人以上の方から回答をいただいた「被爆60年アンケート」で、被爆者の方々がメッセージ欄にお書きになったものが主となっています。回答者のうち住所が判明していた方に、メッセージの公開への同意や新たなメッセージの提供をお願いしました。

新たに多くのメッセージが寄せられ、2010年のメッセージとして掲載しています。過去に活字になった手記を送ってこられる方も多く、一部を収録しています。いずれも、ご本人やご遺族らからインターネットでの公開に同意をいただいたものです。「亡父の遺志を世界に伝えたい」などと同意されたご遺族も多くおられました。日本語での収録は1651人に上ります。 メッセージは広島・長崎の被爆地に分け、直接被爆や入市被爆といった被爆状況、被爆時の年齢などの情報を付記しています。氏名の公開に同意された方については、お名前を五十音順やアルファベットで探せるリストのコーナーを設けています。

英語ページは2011年9月に開設しました。「広島の声」「長崎の声」を日本語で収録した方々に改めて英語での公開について同意を求め、同意いただいたものの中から、377編を掲載しています。

英訳事業では、広くボランティアの協力を募りました。世界中から400人以上の方々が参加し、翻訳や英文チェックに取り組んでくださいました。グループで翻訳に当たった高校生や大学生のほか、自分のメッセージを自分で訳した被爆者、自分の母の手記を訳した男性もおられます。 翻訳原稿は、誤訳のない自然な英語表現の訳文となるよう、チェックには意を用いました。英語を母語とするネーティブで日本語にも堪能な方に点検・修正してもらったほか、日本人と英語ネーティブのコンビで仕上げてもらうなどしています。多くの方々の協力で、世界への発信が実現しました。心から感謝致します。

原爆・平和関連の朝日新聞の最近の記事も収録しています。その中で「聞きたかったこと」と「ナガサキノート」は広島版と長崎版で長く続くシリーズです。記者が被爆者にインタビューし、被爆当時の状況やその後の人生を描いています。記者それぞれの視点で、被爆者の思いを伝えています。ナガサキノートは朝日新聞出版から2冊の文庫本として出版されており、当サイトでは文庫本のために再構成された記事を収録しました。その後に紙面で掲載された新たな記事も加えています。これらの記事の一部も英訳を進め、英語ページに載せています。

このほか長文の被爆体験記や広島女学院同窓会がまとめた手記集の一部も日本語と英語で収録しています。世界中の人々に支えられたサイトです。一人でも多くの方に訪ねてもらい、核兵器廃絶への願いを共有してほしいと願っています。