english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

広島の声

女性 直接被爆・距離2km
6016

被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。  折にふれ事に当って悲しい苦しい思は今もあります。忘れられません。「死んだ方が良かっ た」と云った事も……。必死で看病して呉れた母の一言で「わしがどんな思いで看病した か、わしの前でそんな事云って呉れるな」とはげしく悲しい顔で申しました。其の後、一 度も口にした事はありませんが……。
 復員して来た主人の暖かい大きな心と親族の数々の救で不自由な身体ながら過して来た事 と思います。
 あれから60年、これと云う大病は患わず、(今一寸体調はくずしていますが)子供3人、 孫5人、皆健康に社会人として勤めております。今のところ原爆に関して、これと思う事 は見あたりません。(子供、孫達に)
(2005年)