english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

広島の声

女性 直接被爆・距離2km(大竹市)
被爆時21歳 2151

被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。  1、被爆后女としての出血に苦しみ手術を3回しました。只今も咽頭痛に苦しみ居り ます。
 2、原爆で亡くなった方々の思いを心に巡礼をしました。今後共にめいふくを御祈り 致します。
 3、化学が進んでも核は作らないで下さい。この苦しみを訴えて行きたいものです。
(2005年)