english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

広島の声

男性 直接被爆・距離1.8km(二葉の里)
被爆時22歳 / 群馬県中之条町7281

被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。  大腸ガンの手術をして現在も原町日赤病院に通院五年目です。今思えばガンに成りやす いので早くにえらい方が団体で保険に入って居たらと思います。病院は無料でも旅費生活費 にはとても足りません。
(2005年)

  被爆地 大本営第2総軍司令部双葉通信所 爆心地より1.7k
 当時通信兵上等兵、其の週、週番上等兵で通信所に居なかったので助かった。 そろそろ食時(めし上げと言う)を取りニ行く頃と思ってた時、ボーン、にぶい音と銀色の光り、すごい煙。とにかく煙がすごい。パラパラ頭上に落ちて来る、夢中で伏せた。それからの記憶は無い。気が付いたら倒れた屋根の上。召集の兵長も居た。トイレに入って居たと言う。とにかく通信所へ行ってみようと…
 な なんと司令部がペチャンコ。もう此の先は思い出したく無い。
(2010年追記)