english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

広島の声

女性 直接被爆・距離3km(仁保)
被爆時5歳 7615

被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。  私は小さいので防くうごうには入っていて夕方防くうごうから出てびっくりしました。
 家の前を大人も小人も皆幽霊のよう、手を前に出して洋服も皮フも、ボロボロで口を開かず。 無言のままで、子供も泣かずに。ぞろぞろと歩く影にただぼうぜんと見ていた。
 又隣のお姉さんが原爆に会って暑いので井戸に落ちて何ん日も見つからず家族の方がさが しても見つからず、何ん日もたって見つかった時は腐って顔も良くわからないぐらいになって、家族の方がお姉さんにすがって泣いていた事が頭から離れません。
(2005年)