english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

広島の声

男性 入市被爆(基町)
被爆時21歳 9633

被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。  乱筆にてごめんなさい。私は、昭和20年8月は北九州市若松に住んでおりました。7月 30日に召集令状がきて、8月15日の入隊でした。8月10日に朝5時に着き、びっくりし たのは市内はなにもなく一面焼け野原でした。宇品の海が丸見えでした。

 8月15日の入隊ですので、市内を見てまわり庄原のしんせきにとまりました。8月15日 に部隊の広場に行きました。ちょうど終戦の日でした。多分12時頃と思います。兵隊さん が戦争は負けた。みなかえれ。と言われて若松にかえるのが3日かかりました。2週間早く いっておれば今頃はこの世にはおりません。
 今は糖尿病や外、病気にてなんとか生きております。がんのしゅじゅつ、おなかを4回切っております。
(2005年)