english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

広島の声

女性 救護被爆
被爆時14歳 / 東京都中野区9694

被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。  私は直接被爆者ではありません。
 当時15才の女学生でした。
 夏休み返上で被爆地から送られてくる被爆者の救護に町の病院に1週間位いだったと思い ますが救護に当りました。殆どの方が水、水、と云って亡くなられる方ばかりで、15才の 私には食事ものどを通らない程残こくな姿にショックを受けたのを今も忘れられない程、目に焼きついています。
 こんなむごたらしい事は二度とあってはならないと思います。ご冥福を心よりお祈りし たいと思います。 合掌
(2005年)