english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

広島の声

「直爆」は「直接被爆」のことで、原爆投下の際、当時の広島・長崎市内やその隣接区域で、直接被爆したことを示します。

直接被爆・距離1.4km(基町) 吉田ミキさん
人手不足で運びきれない夏の炎天下の腐乱死体に群がる金ばえ青ばえ。
直接被爆・距離1.5km(横川) 林寿代さん
家が倒れその下敷きに。目の前真暗になり一瞬もう駄目だと「ナムアミダブツ」と念仏を唱えた。
直接被爆・距離2km(千田) 紀村清恵さん
市内すべて焼野原となり、建物疎開で苦労して運んだ荷物も人も核の光と炎は容赦なく焼きつくした。
直接被爆・距離1.8km(皆実) 服部十郎さん
比治山麓で嬰児を出産したばかりの女性が子供を抱くこともなく死んでいった。
直接被爆・距離1km 男性
川を渡ろうと飛び込んだ生徒は丸木につかまって「君が代」や「海ゆかば」を歌いながら命を引き取った。
直接被爆・距離1.5km(東千田) 竹山晴夫さん
「被爆体験の風化」ということが言われる。残存物が失われてゆくことへの痛みを感じる。
直接被爆・距離1.5km(比治山) 樽本 叡さん
当時、すべてのものをなくし、妹と二人で暮らし里親さんに救われ今日がある。
直接被爆・距離1km(堺町) 中下智明さん
家屋の下敷になりどうにか、自力で出たが、下に埋まっている学徒の人がどうなったのか心残りだ。
直接被爆・距離2km(千田) 渡辺寛さん
歴史教育において、(最)近世史をとくに戦争や核エネルギーの利用に関し、きちんと教えるべきだ。
直接被爆・距離2km(西観音) 女性
借りていた部屋の階下に住んでいた男の子は、ひたいの肉が吹き飛び、骨が見えていた。