english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

広島の声

「直爆」は「直接被爆」のことで、原爆投下の際、当時の広島・長崎市内やその隣接区域で、直接被爆したことを示します。

直接被爆・距離2.7km(南蟹屋) 谷口千恵子さん
鉄橋は枕木がしてあるだけ。路線に掴まり這うようにして泣きながら渡った。
直接被爆・距離2.3km(南段原) 二見浩一郎さん
「兵隊さん仇を‥」「おかあさん‥」「殺してくれ」…‥などの叫びは永久に忘れることはない。
直接被爆・距離3km(宇品) 尾糠政美さん
突然、強烈な黄色い光が目の前に拡がり、ドン と腹にこたえる轟音が伝わった。
直接被爆・距離2.5km(南観音・長崎でも被爆) 澤本那津子さん
骨壺もなく、やっと黒こげの鍋を見つけ、叔父一家5人分の骨を納めたと聞いた。戦時中戦後の映像を見ると涙が出る。
直接被爆・距離4.1km(祇園町西原) 隅川正義さん
私は、B29爆撃機が私達の頭上で小さくヒラヒラした爆弾を投下した瞬間を見ている。
直接被爆・距離2.8km(宇品) 西冨房江さん
地平線に沈む夕日の美しさよりもっときれいな真赤で円い巨大なもの、それは世界で初めての原子爆弾だった。
直接被爆・距離3.5km(宇品) 石原章三さん
『グァーン』と、空が裂けたかのような、すごい音、この世に、これ以上大きい音があるとは、とても思えない爆発音。
直接被爆・距離4km(東雲) 神戸美和子さん
原爆がどんな怖ろしい兵器かクラスメートに話した。2−3日して原爆さん、ピカちゃんと呼ばれてうつる(感染)と嫌われた。
直接被爆・距離2.4km(大芝) 石田喬子さん
柱に掛けてあった鏡を見た私の驚きは今でも忘れない。そこに赤鬼がいた。その真っ赤な顔がだんだん黒くなり顔黒の青春だった。
直接被爆・距離2.3km(若草) 高橋敏之さん
両親は亡くなるし、戦争は負けるし、どうせ自分も敗血症で死ぬのだと、刑の執行を待つ死刑囚の心境になっていた。