english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

「直爆」は「直接被爆」のことで、原爆投下の際、当時の広島・長崎市内やその隣接区域で、直接被爆したことを示します。

直接被爆・距離3.1km(こうじや) 佐藤照治さん
終戦のラジオ放送は、自宅で聞いた。痛くはないが、頭からは小さいガラス片がいくつも出てきた。
直接被爆・距離3.2km(川平) 西河タケノさん
戦地に行かれた人達は元気で復員したが長崎に残った人達は原爆で死んだという現実に、悲しみがさらに深くなった。
直接被爆・距離3.2km(飽の浦) 木戸善一さん
悲惨で残酷で哀れな、死体の状況に人生のはかなさを感じ可哀相かでたまらない。
直接被爆・距離5km 木下和蔵さん
屋根鉄骨が防空壕の入口をふさいでいたのを兵隊一分隊で鉄骨をのけ、窒息しそうな工員学生数百人を助けられた。
直接被爆・距離2.8km(先渕) 三浦冨美子さん
熱線に喉頸焼けし半裸のひと抱(いだ)ける赤子が乳房まさぐる
直接被爆・距離2.8km(蛍茶屋) 男性
最も恐かったのは馬の体を石と思って踏み足がぶくぶくと沈んだ事。
直接被爆・距離3.5km(銅座) 内野愛子さん
父や世界でたった一人愛し支え合った弟が被爆を苦にして自殺したのが一番心が痛む。
直接被爆・距離3km(夫婦川) 嘉村ヤス子さん
一筋の閃光がはしり、母の身体に水屋がおおいかぶさり、私は母の身体で守られた。
直接被爆・距離4.8km(長与) 笹浦登さん
母が空から何か落ちてくると言った瞬間、ピカピカ、ドーン。激しい爆風で障子等はバラバラ、家の中は爆風の為ゴミでよく見えない。
直接被爆・距離4.5km(東立神) 金山純一さん
私の恩師・同級生が原爆で何人なくなっているのか今だに分からない。