english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

「直爆」は「直接被爆」のことで、原爆投下の際、当時の広島・長崎市内やその隣接区域で、直接被爆したことを示します。

直接被爆・距離2.3km(岩屋) 中島玲子さん
窓ガラスを通して、七色の虹が目に入った。そのとたん!
直接被爆・距離3km(伊良林) 吉田一人さん
人間がこんなことをしていいのか、人間がこんなにされていいのか――。
直接被爆・距離3km(水ノ浦) 仲田典子さん
いつも想う事は、戦争がなかったなら原爆さえ投下されなかったら、こんな身体にはならなかったろうにと。
直接被爆・距離2.3km(大黒) 中嶋康代さん
父が放射線障害の急性白血病で死亡する時、毒ガスを吸うと末代までと、外へ出され、父の死に目にも逢えなかった。
直接被爆・距離2.6km(片渕) 森田宏さん
残り少ない人生ですが、生きている間に多くを語りたい。直接の被爆者に真実を語る機会を与えて欲しい。
直接被爆・距離3.3km(道ノ尾) 長山明吉さん
原爆で吹き飛ばされ跡形も無く消えた父を現実と受け止めた母が、投下と同時に私を家に引き入れたのが良かったのか、今、幸いなことに原爆症はない。
直接被爆・距離3.3km(鳴滝) 女性
3個の落下傘。「あら、今、何んで」と思った瞬間、もうもうと土、砂煙。
直接被爆・距離5km 男性
何日かして、包帯や白いガーゼを当てた人達が、貨物列車に乗せられて続々と運ばれていくのを目にした。
直接被爆・距離4km(本河内) 安井敬さん
どのくらいたったかわからないが、太陽は真赤な大きな月のように見えた。
直接被爆・距離3.5km(岩尾) 北原日出子さん
2階から降りる階段の最後で目まいがしてたおれた上に色々物が落ち、気が付いて外に出ると火の海だった。