english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

「直爆」は「直接被爆」のことで、原爆投下の際、当時の広島・長崎市内やその隣接区域で、直接被爆したことを示します。

直接被爆・距離2.6km(東上) 田川昌央さん
夜でもないのに異常に早く暗くなったのに大異変が起こったのだと子供心にも大きな不安がよぎった。
直接被爆・距離2.7km(富後) 楢林美枝子さん
地震や大つなみは天災です。けれど、原子爆弾は人が起こした災害です。ならば、人の力で止めましょう。
直接被爆・距離2.5km(上西山) 河野次男さん
原爆被爆体験を募集し、いざ出版しようとしたが、資金が集まらない。発行したい。
直接被爆・距離2.5km(西山) 橋村キヨミさん
1人1人の被爆体験は違っていても、あの恐ろしい衝撃の1日を忘れることは出来ない。
直接被爆・距離3.5km(矢の平) 中島昭彦さん
次世代へ訴える事が年を過ぎると共に薄れていく。もう一度強く想い起こして語り継いでいくこと。
直接被爆・距離4.5km(上小島) 畑農キミ代さん
ピカっと光って、ものすごく大きな音がして、周囲は煙がもうもうとなった。
直接被爆・距離3km(東上) 吉原キヨさん
一瞬の 白光の後 すさまじき 爆風は来ぬ 八月九日
直接被爆・距離3.2km 高田恵子さん
今度の雲仙岳の噴火と同じ様に、砂ぼこりの中、家がこわれてしまった。
直接被爆・距離4km(飽の浦) 白石武光さん
頭部がカンボツして、親指大のガラス破片がはいったまま応急措置され、11年目に発見され摘出した。
直接被爆・距離3km 中野尚臣さん
国家、国民の安全の為、日本も核兵器を保有する事。