english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

「直爆」は「直接被爆」のことで、原爆投下の際、当時の広島・長崎市内やその隣接区域で、直接被爆したことを示します。

直接被爆・距離3.5km(飽の浦) 西山進さん
手で目を覆った死体。爆弾が落ちて光った瞬間、子どもたちは目を覆い、そのまま何千度という焦熱地獄で、黒こげの物体になったのだ。
直接被爆・距離2.3km(大黒) 西村哲男さん
橋向こうに行く道すがら、累々たる屍。川面には何体もの人々が浮いている様は、正に驚愕の一語に尽きた。
直接被爆・距離2.6km(船津) 堺正親さん
「灰燼に帰す」とはこの事か……。長崎駅から爆心地、浦上のずっと向うまで一望できた。
直接被爆(今町) 神崎マツエさん
あの光景が頭からとれず何年も悩まされて夜が来るのがいやだった。
直接被爆・距離2.9km(興善) 佐木豪さん
目に入ったのは、立って働いていた人が原爆の直撃を受け、立ったままの状態で死んでいる姿でした。
直接被爆・距離3km(新大工) 松隈博子さん
姉が「くやしい」と力む度に肉がくされ落ちて浮き出た血管が破れ、血が流れ出た。
直接被爆・距離4.2km(本河内) 安本政代さん
手足も体もなくただ頭の黒こげみたいのがごろごろころがっていて、父ともわからなかった。
直接被爆・距離2.5km(新戸) 男性
生涯忘れることできないが思い出したくもない。全体が地獄の恐怖である。
直接被爆・距離2.5km(平戸小屋) 青山照弘さん
歩いて帰る途中はずっと焼け野原であちこちに人や馬等の死体が横たわり、まるで生き地獄。
直接被爆・距離3km(本博多町) 北尾ミツヨさん
空を見上げた瞬間、強烈な光が目に差し込んだ、反射的に道路脇の側溝に飛び込むと爆音が聞こえた。