english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

「入市被爆」は救援や親族捜しなどで爆心地から約2キロ以内に入ったことを示します。

入市被爆 中山八重子さん
飛行機が飛んでいて3、4個マッチ箱みたいな物を落とした。指をさしたとたんドーンと物凄い音がし爆風で吹き飛ばされた。
入市被爆(出雲町) 男性
爆心地付近の石垣のある住宅で人々が真黒で(性別不明)石垣に立った状態で死んでいた。
入市被爆 伊藤雅浩さん
人は両手を前に何かを抱えるような形にし、腰を落として白い像になっていた。驚いて腰を落とすのと同時に一瞬で灰になったのだろう。
入市被爆 星厚子さん
人間の皮膚が溶けて、つららの様になり別の場所に、くっつき、そのままその状態で固っている。むごいと言うしかない。
入市被爆(大橋) 井田勝實さん
しばらくして外に出て見ると長崎方向に入道雲が見え、太陽が卵黄のように見えて全く不気味な感じだった。
入市被爆(山里) 杉浦登さん
360度何処を見渡しても町は黒焦げ。残っている建物など何一つなかった。
入市被爆(岩川) 須賀正男さん
一面を眺め、ヤケノガ原で1軒の木造の家はなくビックリした。人影はまばらで、肉親を探しに来ている人と思った。
入市被爆(松山) 樋口壽雄さん
母校は爆心地に近く多数の学友が惜しくも散華した。生き残った学友も次々に原爆症で死亡して行った。
入市被爆(小瀬戸) 中村キクヨさん
小学校で原爆の悲惨な光景を話した。保護者から子供達に恐ろしい話はやめて下さいと叱られた。ショックだった。
入市被爆 本多八郎さん
救護隊として入市。死体処理120体処理。被爆死の姿を見て、脳裏深く生涯忘れ得ぬ思いが残っている。