english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

永田学男さん 直接被爆・距離1.1km(西浦西)
被爆時17歳 / 長崎県西有家町8649

写真撮影:松本栄一
被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。
 戦争の無い核兵器廃絶運動を、戦争を知らない子供や孫たちに伝えたいと思って居ます。
(2005年)

  中心地1kはなれた場所。当事17才の時ヒバクする。
 下宿の人は皆なくなったのに今自分が生きている事不思議に思っています。
(2010年追記)