english

ここから本文エリア

  • 閲覧上のご注意

長崎の声

大津千鶴子さん 直接被爆・距離1km(目覚)
被爆時17歳 / 長崎県佐世保市288

写真撮影:松本栄一
被爆地の光景を紹介しています。写真はメッセージと直接関連はありません。
 家の下敷きになってる友が助けてと、大きな声がだんだん小さくなり火の手があがり助け る事が出来なかった事、等色々あります。
 此の年迄生きてる事を感謝と共に若くして亡くなった方へ申し訳無く思う気持……誰の為に死ななければならなかったのか。残念な気持で一ぱいです……の思いです。
 二度と再び戦争等おこさないで下さいと。原爆の恐さをどの様なものかを知って頂きたい。
(2005年)